豚角煮と白菜の和風炒め、小あじの竜田揚げ

朝食兼昼食

・ご飯
・チダイのアラのお吸い物
(味噌が無いので強制お吸い物。昆布で一晩出汁を取りました。
すだちの皮が良い香り)

・豚角煮と白菜の和風炒め(片栗粉を少し入れてとろみ)
・出し巻き卵

和風が落ち着きます。
訪問鍼灸施術受けました。


夕食
・小あじの竜田揚げ
・白菜と大根、レンコンの煮物(出汁は小あじのアラとかつお節)

・チダイのアラの味噌汁(味噌が届いたので鍋の吸い物に投入。
味噌が多すぎて辛かったです。チダイのアラにかなりの白身が残っており
これで一品になりました。)

純和風です。全てすだち果汁をかけました。

余話)
今日は
小麦粉も乳製品も使わないメニューを求めました。

和食に味噌、醤油、塩は欠かせませんね。

味噌は発酵食品で大腸に良い。私は大腸がんの家系。
母方の祖父、母は大腸がんで手術。
二人とも味噌汁が嫌いでほとんど食べていませんでした。

そして小麦のグルテンは腸に悪いといいます。
味噌や納豆を避けて小麦で揚げ物や乳製品を取っていれば
身体によくありませんね。

それにお酒もかなり飲む祖父と母でした。

せめてご飯に必ず味噌汁を取り入れる食生活をしていれば
祖父も母も大腸がんになる確率は減ったはずです。

ガンは遺伝だからこそ食生活を見直したいです。
祖父と母という個人の遺伝子だけではなく日本人には
味噌や納豆と言った発酵食品で西洋人より長い腸を保護強化できるはずです。

日本人の遺伝子には小麦や乳製品は合っていないのだと肉親二人の大腸がん発症
に遭遇して痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。