心窩部の違和感 ヨガの癒し効果に期待

朝断食で一日二食そして肉魚控えめの食事習慣。

ゆるやかなベジタリアンになると
今の生活はヨガに向いていることに気づきました。

なぜならヨガは空腹時に実践することが推奨され
朝断食の午前の時間帯を生かすのにうってつけだからです。

エクササイズといえば、朝の散歩や自重筋トレ(プリズナートレーニング)を少しは
やっているものの全身が硬直し柔らかさが必要な自分にとって何か物足りない。

むしろ活性酸素が優位になり有害な側面があります。

なのでこういったエクササイズの休みの日をあえて多くしたり、
量を減らして調整しているのですが、根源的な解決に至りません。

そこでヨガに目を向けました。

ヨガと言ってもいろいろな流派があります。
「なにかいい方法はないか?」と考えあぐねていた矢先、
昔、少し習ったヨーガを思い出しました。

番場一雄先生のヨガ(正確にはヨーガです。

今は故人になられましたが、NHKの健康番組に出演された師はかなりのヨガの実践者。
その体をはった実践に今でも好感を持っています。

そもそも番場ヨーガを知ったのは、

90年代、当時20代の前半、肩こりと不眠に悩み
なんとかしようと悩んでいた頃です。

番場ヨーガでは、「前屈」、「そり」、「ねじり」、「直立」、「完全弛緩」の5つの体位が
バランスよくプログラム化され、

腹式呼吸を中心に全身をさまざまな体位(アーサナ)で心身をほぐしていく。

当時の自分にも魅力的でしたが、

心窩部の違和感に悩む今の自分にピッタリです。

テキストは3年前にやり直そうとしたときにAmazonの古本で買いそろていたのがあります。

かなり昔から番場ヨーガになじみがありましたが、
ほとんど活用できませんでした。

番場先生のヨーガとのかかわりは本だけでなく、

90年代(当時20代)に神戸の研修会に少しだけ習いに行ったことがあります

せっかく若い時に学ぼうとしたのに
「体が硬すぎる自分には向かない」と全然続かず。

30代、40代で何度かやり直そうと試みてもそれも続きませんでした。

30代(2000年代)はベンゾをのんでラりっていたのも挫折の原因。

40代は過労で倒れ実質廃業。まるまる断薬に耐える生活開始。

50代になった現在、断薬後の心窩部の違和感、痛みに悩み
様々な療法(朝断食の一日二食や散歩、自重筋トレ)を経て

また番場ヨーガに回帰したというわけです。

骨格と筋膜をなめらかにする番場ヨーガ。

真面目に実践していれば今頃達人だったかもしれません。

30代、たかが不眠と肩こりに悩みベンゾをのんでしまったばかりに、

依存し、筋肉にダメージ・・

いろいろ道を間違いました。

「今回は少しずつでいい、できる範囲から積み上げよう」と
再度の挑戦。

(まったくダメな人間です。。)

愚かしい人生ですが、
今の良い面に目を向けると、

1)ベンゾを完全断薬、
2)一日二食、化学調味料など添加物を避けた食生活を普通に受けいれている。

3)週3回の訪問の鍼灸治療で首肩のコリをほぐしている(コリの不快感も過去にヨガを挫折したの原因)

4)体重70㎏(ベンゾ断薬し一日二食でかなり痩せました

ヨガを実践するのに適した好条件が整っています。

若いころにはなかったチャンスと前向きに受け止めています。

今回は意気込みすぎたり、難しく考えず、
気楽に気長にできる範囲から積み上げるイメージで実践。

背骨や横隔膜の柔軟性が高まれば心窩部の違和感や痛みが消え癒されるはず。

そもそも自分の主訴は骨格の歪み、筋膜の硬直、こわばり、コリ

体を立て直すしかないのです

ヨガ(番場ヨーガ)に期待します。

2 件のコメント

  • 長らくブログの管理を放置しており
    コメント確認できていませんでした
    申し訳ございませんm(__)m

    鍼は長野式が良いです

  • 長らくブログの管理を放置しており
    コメント確認できていませんでした
    申し訳ございませんm(__)m

    鍼は長野式が良いです

    筋トレは自重トレーニング、なかでもぶら下がり健康器=懸垂マシンが
    おすすめです

    ぶら下がるだけでもストレッチと上半身の筋トレになります

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点