12月になりました

12月になりました。

すっかり寒くなりました。毎日ツイッターで食事ツイートを投稿しています。
一見すると元気に見えますが、辛い日々です。

体は鍼灸効果で硬直が軟化し伸びていますがまだ左半身の硬直がひどいです。

全身の筋肉が落ち腹だけ出ています。惨めさと恥辱、悔恨が入り混じった感情に襲われます。

ノートパソコンが壊れたので
パソコンを新調したことです。中古ノートですが使い勝手がいいです。

2万3千800円。AmazonのワジュンPCで購入しました。

それまで使っていた東芝t351/57bj は
故障しました。新しいノートPC(これも東芝製ノートB554)を使っていますが、破棄するのはもったいなく、
勉強を兼ねてパソコンを修理しています。

壊れたt351/57bjの写真をupしておきます。

4Gのメモリがふたつ見えます。これを抜き差しして再起動、キーを打ちましたが、相変わらず故障したまま。

本格的な修理が必要ですが、私にはその技量がありません。

組み立ての際、写真右の小さなネジを機械の中に紛失しました。

壊れたパソコンの替わりに今は別の新調したノートパソコンがある。

なのであまりこだわらなくていいのですが凝り性で修理をどうするかアレコレ考えています。

体もパソコンのように分解修理できればいいとふと思いました。

今年は筋肉も貯金もかなり減りました。障害年金の更新の行方が気になります。

今年中に判明します。

年末、今年もあとわずか。筋肉もお金もこれまで生きてきて一番少ないです。

亡き祖父のじっと我慢する顔が浮かびこのような障がい者になってしまったことを
申し訳なく思い悩むのです。

来年どうなるかわかりません。
訪問の鍼灸マッサージ施術にかけるしかありません。

首肩を中心に施術治療していく方法で効果を実感しています。

完全に開放されそうな気もします。
ただ薄くなった筋肉は戻るわけがりません。
なくした時間も機会もお金もです。

多くのものを失いました。

私の心がけが悪いのですがベンゾを大量に服薬していた時期の思考判断によるものですから
ひとえに私の純粋な心が悪いのではなく向精神薬によってもたらされた「狂い」によるところが大きいのです。

家庭環境 毒親、毒父の洗脳もあるでしょう。

悪いことが重なったのです。

今はなすすべなく断薬6か月目を迎えようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。