11月断薬5ヶ月目 マイペースに筋肉の緊張を緩和しています

11月になりました。すっかり秋です。もう冬の寒さを感じることもあります。

断薬5ヶ月目に突入しました。

毎日弱った体でYouTube音楽を聴きながら家事に励んでいます。

ヘルパーさんの調理支援を週2回受けていますが、
これではまったく足りないのは当然で自分で調理をするしかありません。
この様子はツイッターで食事ツイートを毎日欠かさずやっているので気になる方はご覧になってください。
(フォローして頂ければ幸いです)

筋肉の萎縮は一旦止まったように思えます。

手足の痩せたところは物に当たると痛みが響きます。慣れたので日常の家事にはあまり気になりません。

私が気にしているのは首や肩、背中といった上半身の背骨と連結している部位です。

ここら辺の筋肉が左にねじれ凝り固まっています。

なので神経伝達もおかしく喉や胸、下腹部に違和感があります。時折痛みに変わります。

そう3年前に激痛その後の慢性的な痛みで悩んだ部分です。

断薬生活)

普段ならこの痛みに耐えられずレキソタンを再服用しているところですが、
今は鍼灸マッサージを週3回受けているので苦痛が少なく耐えています。

それどころか、強ばりやコリが取れて背骨回りが柔らかく真っ直ぐになってきているので一筋の希望を見出すこともあります。

背骨の周りの歪みやコリが治れば神経伝達もよくなるはず。
そうすると手足の痛みや違和感も消失するだろうと期待しています。

細くなった筋肉は仕方ありません。

長野式という鍼灸マッサージの効果を信じるしかありません。腕の良い鍼灸師。50代男性ですが、
筋肉の構造に精通している感があり、この意味で見守られている感じがして精神的な安定につながっています。

上半身背骨回りは本当によくなっています。

レキソタン断薬継続はこの後も続きそうです。

これから寒くなる季節。筋肉の硬直が気になります。

本格的な冬に入る前にスッキリ治らないか?少しばかり焦る気持ちがあります。

このまま何事も無く快癒して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。