相談しようがない

寒くなると横隔膜のコワバリが酷くなり、いつもより筋萎縮を感じます。
訪問看護師にことのを話してもラチがあきません。

ただ神経内科付属の訪問看護ステーションで往診も可能なようなので、
一度みてもらいたいです。

ただ私が恐れているのは重度扱いで精神科へ回されることです。

その恐怖から看護師につい、精神科は信用できないことを歴史的に解説してしまい、
不評を買うのです。

あまり熱心に話すと「精神異常者」として扱われます。こういっては失礼ですが、
大学の一般教養レベルがあれば、違和感もなにもないはず。

やはり看護学程度ではこの障害に対応できないと思いました。

専門バカでは困るのです。

これなら全く何も知らない知的好奇心だけが旺盛なヘルパーさん
の方が理解があるのです。
医療関係者との壁をまた感じさせられる日々です。

筋肉の痩せは進行しています。胸を触るとかつて筋肉があった
ところが薄くなっています。

レキソタンの断薬は11月6日から継続したままです。

Tシャツがブカブカ。「おかしい、こんなバカな・・」絶句に似た嘆きがあります。

これでは食べても腹回りだけに脂肪(腹水?)がつく、栄養失調状態です。

全身の老化と栄養失調・・下山日記でも指摘されていました。

自分もそうかもしれません。

神経変性によるものだとしても証明しようがありません。

食欲は皆無。食事量があれからまた減っています。
もう無理にかきこむということはありません。

朝だけ断食と少食が大した苦痛もなくできることは、怖い側面もあります。

あらゆる状態観察の時期は過ぎました。

自宅の中をうおつくばかり。Amazonで売れた商品があればすぐ近くの
ポストでさえ着替えて体を支えながら歩かなければなりません。

自分が自分で無い感覚です。

家族からも見捨てられ、精神的なダメージが響きます。
これがまた筋肉痩せを一層感じさせるのです。

お金の窮乏もあります。
何もかも袋小路に陥ったのです。

ここがかつて強く生きた頃の街と同じなので、
その移ろいを冬の寒さとともに
感じさせられるのです。

どこかで回復を信じています。

毎日こんなことの繰り返し。正直にもう終わりにしたいのですが、
身の置き所がありません。

こうした中でも時代は推移しています。
このブログは生存証明、ささやかな機能訓練と小遣稼ぎを兼ねています。
まだ現世に未練があるのです。

しかしこの3年の推移を振り返ると筋肉量は減り、楽観できる材料が
日に日に少なくなっています。

取り返しのつかない歳月を悩むばかりです。

ヘルパー、看護師に理解を求めても価値観が違い過ぎるのです。

痛みが鎮まるのをひたすら待つしかないのです。

家事をするにもギコチナイです。

寒さで余計身が縮こまるのです。

やはり暖かくなるのを待つしかないのです。
毎年の冬季は予想通り心身の痛みが増し、厳しいです。

2月ごろが早くも不安で一杯です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。 向精神薬害で毎日闘病。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問鍼灸施術受けています。漢方生薬も2019年5月下旬から開始。東洋医学にかけています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!