年末のせわしなさの中で

今年は例年にない寒さですが、胸回りの痩せが進行し
いつもより寒さと不安を感じています。

先行きのことを考えると恐怖そのものです。
束の間の平和をヘルパーさんの来訪で得ています。

ワガママなところもありますが、やはり私の精神支柱になっていることには
変わりありません。

福祉とは精神的な存在。一部の心無いものによる虐待の現実もありますが、
孤立に陥った障がい者にとって必要な社会的存在。

寒い中訪問してくれるヘルパーさんの存在に感謝の念が起こります。

筋肉痩せといってもまだ健常な部類。これまで太りすぎ、
筋肉のつきすぎだったかもしれません。

そう思いたくなるほど痩せが進行しているにも関わらず呼吸筋が正常なのです。

ただ極度に寒い中で息をすると、胸に空気が入り込む感覚が何とも言えません。
これで外出をしたり、外で作業するとなるとゾッとします。

筋萎縮をあるがままに任せておこうとしてもその後に何らか
の労働に耐えられるのか?考えると、

極端に孤立感と恐怖の念に駆られるのです。

もう生活保護しか考えられません。
進退窮まったのです。

朝だけ断食、野菜ジュース・・・焼け石に水ですが、今できる唯一の抵抗。

好転反応が起こり回復に向かうことを夢見るのです。

今年もあと僅かですね。
結局回復しないまま一年を過ごしました。

2015年に倒れてから3年。体は良くなるどころか、
筋萎縮が進行しました。食べても腹回りだけです。
筋肉トレーニングは意味をなしません。
さまざまな栄養療法を試みましたが、今では朝断食と少食に落ち着きました。

胃腸の負担を減らし、全身の細胞活動を良くするするには、
断食が効果的だったのです。

しかし筋萎縮が進行する中の断食ですので、
間違ったダイエット=痩せと周りからとらえられます。

これが案外強く、「もっと食べるよう」注意を受けます。

食事を抜いていたら摂食障害ととられさらなる投薬の対象にされそうで、
この点も警戒が必要です。

医療関係者にはあまり正直にならず適当に答えておいた方が無難です。

しかしこの神経性の筋委縮をどこに相談すべきか悩みます。
一人抱え込むのも辛いだけでどこかに理解者を持っておかなければ
今後ますます不利になる
社会条件で追い詰められます。

こうした中で自分を責め、後悔の念に支配されます。

根源的な解決は治癒ですが、お金の問題も重くのしかかっています。

本当に休息が必要な時にお金儲けをしなければならない。

障害年金だけでは足りません。

もう生活保護です。実質生活保護ですから、すぐにでも申請したい気分です。

中途半端な貯金がそれを遮ります。

保護を受けるにはまだ貯金額が多いのです。世間的には少ない額ですが、
公的保護を断わられる金額です。

最低限のセーフティネットさえ制度のはざまで立ち往生しなければなりません。
これ以上、親にも迷惑をかけたくないのです。

暖かくなるのを、また、待つしかないようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。