散歩と日光浴

今日は午前11時30分ごろから正午過ぎまで近くの公園と海岸線を散歩しました。

とても良い天気。桜のつぼみが咲きかけていました。
もう春です。
木々も緑色が目立ち始めてきました。

日光浴もしました。

細胞内ミトコンドリアを活性化させるためです。
ミトコンドリアは免疫を高めます。

また日光浴をすると脳内麻薬のセロトニンも増えて心身の健康に良いそうです。

ちなみにセロトニンは脳内麻薬(神経伝達物質、脳内ホルモン)の一種。
こうした天然の麻薬は人間の健全な行動に必要な物質です。安全です。

脳内麻薬(脳内ホルモン)には、セロトニンの他、エンドルフィン、
ドーパミン、アドレナリン、オキシトシン
などがあります。
日光浴や呼吸法で自然に脳内から放出されます。

私たちは健康的な生活をすることで脳内麻薬を自然に出すことができるのです。

これに対しベンゾなどの薬物は強制的に脳内麻薬を放出させ、
その後急速に枯渇するので危険です。

向精神薬の麻薬作用は自律神経、ホルモン代謝、免疫系統を狂わすので
心身にダメージを与えます。

薬物で人生を狂わされました。なのでこうした薬物は不要です。
宣伝に惑わされて服用しないようにしてください。

精神薬に誘導するステマにも要注意です。

既に薬物を服用されている方は急に断薬せず、調子のよい時に少し抜いて
行けそうなら本格的に減らしてください。

さて、そういえばこれまで室内に引きこもりがち。

あまり屋外には出たことがありません。
ウツっぽい性格は日光浴不足によるセロトニン不足が原因だと思われます。

ならば、日光浴の習慣でうつ状態の改善、予防が期待できます。

肌にも良いので積極的に日の光を浴びました。

また、日光のビタミンDの作用で筋肉も付きやすくなるらしいので
日光浴はベンゾ離脱で衰弱した体の悩み改善に役立つはずです。

今のところ早寝早起きができているので日光浴と散歩を
習慣にすればとても健康的な生活になります。

なによりたくさんの脳内麻薬セロトニンが自然に放出されます。

今できている早寝早起きの習慣は、鍼灸治療の効果が奏功しているからに違いありません。

首肩への鍼灸施術で自律神経、ホルモンバラン、免疫系統が整い
自然と早寝早起きになっているのです。
(もちろん日当たりのいい部屋での起居という環境と条件が前提です。)

これから暖かくなるので散歩と日光浴には良い季節になります。
早寝早起きに加えて良い習慣です。

今から少しずつ体を鍛えたいです。

断薬して後遺症の筋肉衰弱、トラウマ、フラッシュバックなど精神症状
に悩む日々。お金の心配もあります。

こうした問題の数々も日の光を浴びる習慣で改善に向かう力が養えれば
いいのですが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。