野菜ジュース

実践的な断食少食療法についてですが、

野菜ジュースをのんでいます。

私のやり方は、リンゴをベースにしたものです。
リンゴと青野菜、リンゴと人参ジュースのいずれかです。

リンゴと青野菜ジュースの青野菜には、小松菜、ほうれんそう、パセリ、キャベツ、
といった葉野菜と合わせてミキサーにかけています。

青野菜は入手できる範囲なので一種類か2種類が多いです。

新鮮な葉野菜を揃えておくのはとても難しいです。
それでも毎日リンゴ一個分と青野菜のジュースをのんでいます。

ビタミン、ミネラルが生野菜には豊富ですので、ベンゾジゼピン向精神薬で錆びついた体には
とても有効だと考えています。

甲田光雄先生の朝断食、少食の本を手本にしています。

リンゴと人参ジュースは、リンゴ一個分と人参1~2本をミキサーにかけてのんでいます。

これは石原 結實 という方に関するサイトや本から学んでいます。

甲田、石原両先生はともに自然療法、断食に関する著作があり、
自然治癒力を用いて難病を治すことに実績にある方です。

ベンゾ後遺症という難病、奇病にも有効に違いないと確信しています。

両先生の提唱される完全な少食と断食のやり方はマネができませんが、
食生活の改善しか有効な方法が考えられず、少食、断食といった自然療法を安全にやるやり方を
実践的に学んでいます。

胃袋が小さくなったのか以前より空腹に悩まされることがありません。

それどころか少し食べ過ぎると夜眠りにくくなるなど食事を減らす重要性を痛感するようになりました。

過食がベンゾ離脱を悪化させる原因の一つであることには間違いありません。

少食にし、リンゴ、生野菜、青野菜のジュースをのむ。

身近なことに真理が隠されているようです。

人参には、人間の体に必要なビタミンとミネラルがすべて含まれているた
め、他の栄養素を吸収する体質に改善されます。丸ごと一本以上ジュースにするので
調理するより手軽に栄養を補える食材です。

リンゴと合わせてののむのは理に適っており、多くの病気を根治させた実例も報告されています。

向精神薬は鎮静効果がある一方、
内臓を徐々にボロボロにし、ホルモンの自然分泌を減らします。
そうして薬だけに依存するようになります。

とても怖い物質なのです。

野菜ジュースにどれほど効果があるかわかりません。

ただリンゴと生野菜にある抗酸化作用、排泄、代謝を促す成分は
自然治癒力の根源ですので、何らかの良い影響があることには
間違いありません。ホルモン分泌もゆっくりですが、回復すると
期待しています。

断薬だけではなく、断食と少食で根本的な体質改善をはかる。

これが体を根本的に改善する有効な方法だと確信しています。

日々の野菜ジュース(正確にはリンゴジュースかもしれませんが)

で時間をかけて効果を計ってみたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>



2 件のコメント

  • ATさん,おはようございます。
    今日は少しだけ寒さもマシですね。
    断薬の方、継続されてますか?

    • >ひろさん
      おはようございます。短い私信なら「お問い合わせフォーム」からお願いします。
      (個人情報も併せてお願いします。)
      他の閲覧者の方もおられますので。
      断薬は継続しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1970年代生まれ。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。機能性ディスペプシア(FD) 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 ブログは毎日更新。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は気分変調症。障害基礎年金2級。障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!