朝だけ断食(プチ断食)で時間とお金が有意義になる

断食・少食(プチ断食)で空き腹を抱えて寝ているとお腹がグーッと鳴ることがあります。
これは私にとってとてもスゴイことでそれまでなかった眠気が来て
夜眠ることができます。これまでやはり食べ過ぎていたことが断食・少食療法でわかりました。

断食少食の良さはこうした身体的なことだけでなく、「明日の朝食は何にしようか?」など
食事の準備から解放され時間が余ります。
また食費がかなり浮くことも気づき、経済面、精神面でもプラスの効果があります。

空き腹抱えて惨めな気持ちはないことはありませんが、それより不眠が解消され
時間が余ることが人生にプラスに作用していることに気づきました。

なんでも空腹時に身体の修復と若返りが起こることが多くの研究で確認されています。
私の「眠気」が生じたのは、この空腹時の自己融解作用による修復と若返り
作用が働いたためだと思われます。

これまで「何かあれば食べ物を口に入れる」ということが日常と化していたのでこれまでの過食の反動
で空腹を感じているだけで実はそれほど空腹でもなく従って惨めな感覚は持たなくて良いと自認しています。
多くの人は食べ過ぎですが断食少食の話になると否定的になります。

おそらく「危ないカルト宗教か何かに洗脳されたのでは?」と誤解を受けていそうです。

断食を実践している私でさえ断食とカルト宗教の関わりをググるなどまだ半信半疑なところがあるので、
疑われても当然と達観しています。

ヘルパー女性たちからはファスティング・ブームで朝断食に理解を示してくれます。
なのでまだ助かっている方でしょう。

簡単に言うと朝の断食=プチ断食と昼夕の少食でこれまでフル稼働していた内臓(特に胃腸)が休むことで

身体の修復機能が働きだすということです。

プラスの栄養学からマイナスの栄養学という発
想なのです。

私たちはこれまで何かを「取り入れる」ことが心身の機能に不可欠と考えてきました。
この延長に薬⇒向精神薬につながるのです。
本当はのんでいはいけない、のみ続けていはいけないクスリを必要物質と誤解することでさらに身体依存させられ
薬害被害が広まっているのです。

断薬を成功させるには、食事の改善はもちろん食事を減らし内臓を休めそれを以って自然治癒力を目覚めさせる、
そうしたメカニズム知識に思いをはせることが大切なんだと痛感しました。

食事を控えると本当に必要な物質と不要な物質=不自然な物質に気づかされます。
不自然な物質を大量にとり入れることで私たちが本来持っている自然治癒力が阻害されていることに気づかされます。

またクスリは症状を覆い隠すものでものはないことに気づかされます。

向精神薬は覆い隠すだけでなく、狂わせ依存させるのですからとても危険な物質であることにあらためて気づきます。

こうした薬物を断ち、さらに断食をすることで心身の浄化、修復をする。

時間とお金も有意義に使えます。
脳神経細胞のデトックス効果もあるのでベンゾ薬害にも有効と考えています。

断食・少食の効用です。

そもそも現代人は食べ過ぎなので朝断食くらいが丁度いいのです。

朝だけ断食といっても水や柿茶で水分は多く摂っています。
スマシジルものみます。(寒天もOKだそうです)

私は気長に続けます。
最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。