家計の見直し

12月9日 障害基礎年金の更新が決定しました。一安心です。
また今年から年金生活者支援給付金が月5千円加算されるので
年金月額6万5千円+給付金5000円で合計7万円の収入になります。

ここで浪費気味の家計を見直しました。

食事はコープ自然派の鮮魚をメインにします。
毎週新鮮な魚が届きます。

自分で選べませんがだいたいカマスやアジ、カレイです。

ヘルパーさんにさばいてもらって冷凍したのをフライか唐揚げにすれば
十分な一品になります。

コープ自然派の鮮魚をうまく活用すればこれだけで一週間のタンパク源になります。

肉卵野菜はコープめーむで調達。

少しぜい沢したり、別の嗜好品を購入しても月2万~3万円くらいの食費で済ませるようにします。

以下、試算です。

コープ自然派の鮮魚BOX は鮮魚満載で677円です。
これに送料200円、出資金200円の加算。

実質週400円の加算になり、鮮魚BOXの実際価格は1077円になります。

肉、卵、野菜はコープめーむで購入。

コープめーむの費用を週2000円台に抑えたら

自然派週千円と合わせて一週3000円台になります。

これで食費の一か月合計は12000円~15000円になります。

税金その他諸費用を考慮して
多く見積もっても食費月額2万円台に抑えられます。

「食費以外の生活費」

電気ガス(冬季)1万5千円

通信費(スマホ分割代2500円含む)1万5千円

ここまでで合計5万円。

健康保険2500円 鍼灸代800円

これで合計 5万3300円

年金6500円+給付金5000円=7万円

7万円-5万3300円=1万6千700円

マンションの管理費、水道代はありがたいことに
親が支払っているので
今はかかりません。

年金と給付金の収入で節約すれば
1万5千円貯金できます。

やはり食費を抑えることが節約につながります。

今年はiPhone10万(分割) 中古パソコン2万3800円を購入してお金がかかりましたが

家計を見直して食費をセーブすれば、貯金と年金で十分対応できます。

(*スーパーの買い物はやめます。コメダ珈琲は550円のコーヒー一杯にします。
散髪代は44000円かかっていますがここでは計算しませんでした。)

家計管理をおこたり浪費。領収書の山です。

食事を工夫し食費を削る。全体的な家計の見直しにつながりました。

*鮮魚のフライだと魚と小麦粉、パン粉、卵、タルタルソースで作り置きの一品になります。
これにキャベツですね。コープ自然派の鮮魚はかなりの量があるので、冷凍保存し使う分を調理。

1回で調理したフライで2~3日持ちます。魚フライだけで一週間の献立ができます。

こうしておけば、コンビニやら宅配で揚げ物弁当を1500円で買うよりコスパ良いです。

味も鮮度も調理した方が圧倒的にいですからね。

料理と冷蔵庫の活用で節約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。