質問箱の回答です

「質問箱」に寄せられた質疑応答を間違って削除してしまいました。

よってここに再掲します。

以下質問箱から

Q)たとえ水溶液で慎重に減薬したとしても、人によっては数ヵ月、
数年後に筋萎縮等の重篤な離脱の出る人もいますよね?2019年 12月27日(金曜) 17時52分

私の答え
A)「筋萎縮はいつから始まったか?」という考察は私もよくします。

「慎重に減薬していれば、筋萎縮はおこらなかったのでは?」

あるいは「気づいていないだけで状容量依存でベンゾ服用
中から筋萎縮が起こっていた」
など私自身、ベンゾによる痩せはいつから始まっていたのか判断が付きません。

ただ私個人の経験では減薬する2年前の2013年から
「食べても痩せる、おかしい?禁酒ダイエットの効果でやせた?」
と異常な痩せを自覚。自問自答したことがあります。

今から思えば常容量依存で減薬前から「痩せ」ていたと思います。

その後の2017年以降もレキソタン断薬で急激に痩せたことが何回かあります。

今も痩せに悩んでいます。体が薄くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。