体が枯れているという感じです

体が枯れているという感じです

レキソタン5mgをいまだに服用継続しているものの2015年のベンゾ大幅減薬から4年目、
筋萎縮が本格化した2016年から3年目になります。

2019年4月現在体中の筋肉が削げ落ち、脂肪だけ身についた状態です。

筋萎縮は見た目には分かりにくいものの、クッション機能が低下しているので、
行動に制限があります。

保温、保水能力も低下したままでシャワー入浴回数が多く、冬季はガス水道代がそれぞれ一万円以上に跳ね上がります。

これらの費用、これまで両親が負担していましたが、今春から私の口座から振替にしました。

不安定な障害年金の中からさらなる生活費負担。

収入を増やすため働くこともできません。

この筋萎縮は植物に例えると「根や茎が枯れている」という状態です。

2016年からの萎縮と胃の痛みは萎縮しながら、筋肉が枯れていたのです。

もともと、ベンゾジゼピンをはじめとする精神薬、農薬、神経毒なので、これらを長期大量服用するのは、
「枯れ葉剤」というベンとナム戦争で使われた農薬兵器で自らを攻撃しているような状態と言えます。

体が薬物依存になり、自律神経や脳ホルモンが保たれていた状態が、

減薬断薬によって体に異変が生じるのでです。

ならば、クスリをのみ続ければいいのでは?と思われるかもしれませんが、
それもまた耐性がついて体中がボロボロになるのです。いわゆる常用量依存という状態です。

脳が薬を必要とするので、完全断薬は難しいのです。

クスリをのむも地獄、やめるのも地獄なのです。

こうした筋肉が弱った状態では、当然消化吸収能力も当然低下します。

体の根や茎に相当する器官が枯れるのですから、鍛えようがありません。

食事をバランスよく摂り、養生するしかありません。

私の場合、筋トレは逆効果で下痢や腹痛を引き起こします。つまり、「もうどうしようもない」のです。

「枯れた体」・・・」

 比喩ではありません。本当に体の各器官が枯れているのです。

手足、臀部、腰回り、胴回り、首回り、ヒジヒザ、胸、心窩部、その他etc..

大量のビタミンCをとり続ける療法で功を奏した事例をコメントで報告して頂いたこともあります。

そうした高濃度栄養療法が必要でしょう。「枯れた体をどう再生するか?」

枯れた観葉植物をみると自分と重なり、絶望的になりますが、
「人間の体には再生する能力がある」、と信じるしかありません。

そして肉体的にはまだ40代です。初老ですが、老衰する年齢ではありません。

まだ回復できるナニカが存在すると信じています。

筋肉の枯れ、お金の減少、人間関係の複雑さ、ストレス。

四方八方から責められています。

ここで思うのは、また後悔、自責の念・・・

ベンゾをのむ前の20代(90年代)で親元を去り独立すべきでした。

無意識的な甘え、依存、毒親洗脳と支配そしてベンゾ薬物中毒。

どれも自分の志しを定かにしていなかったために起こったといえます。

とはいえ、今年も生きて4月を迎えることができました。

筋肉の萎縮も行きつくところまで行きついた感じがします。

萎縮し、枯れた後は復元、痛みと不快感、麻痺が残るものの、回復が期待できます。

そう前向きにとらえたいです。そして障害年金によらない自らの生計を立てるようにしたいです。

お金での自立こそ最大の治癒力です。拝金主義ではありません。メンタルとお金は密接不可分なのです。

枯れた体も時間薬。それには経済的基盤。綱渡りのような生活を心身ともに辛い中送っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

40代。近畿在住。単身。 向精神薬害で毎日闘病。 慢性ストレス疾患にて仕方なくレキソタン服用。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問看護を受けています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!