結局税金(年金、保険金)  ツイッターから


税金収入をより多く得るものが神となり仏となる。

私学大学教授とて税金が原資の給与所得者である。彼らの下部構造は税金である。
勝共学者も実は税金が給料の公務員である。

税金収入で自らの経済基盤を安定させ、「努力」「精神論」を民に説く。

さらに非課税の宗教法人をスポンサーに反福祉、努力論を説く。御用学者たるゆえんである。

民間企業でも、一部上場の大企業は政府が守る税金運営企業である。特に製薬会社。

毒父が勤めていた。自分の実力と勘違い。時代が高度成長で税金に守られていた企業に所属していたからこそ高給だったのだ。

思い上がるな。所詮お前らは税金に守られた存在。実力ではない。

障害年金に生活保護の何が悪い。弱者の合理主義的選択だ。弱者の合法税金利得を叩く庶民は洗脳されているかよほどのバカなんだろう。

戦後日本経済は在日米軍基地経済

経済を米軍基地に依存しているのは何も沖縄だけではない。日本全国約100か所に在日米軍基地がある。
施設は85か所(本土52か所、沖縄33か所)

戦後日本経済は在日米軍基地が存在するからこそ成立している。

下部構造が米軍基地だからこそ、上部構造が東京裁判史観なのだ。
WGIPを批判するなら下部構造である在日米軍基地の存在の是非を問うべきである。

観念だけで解決しない。全ては経済関係、生産関係である。経済は軍事なくして成り立たない。
戦後日本は軍事を放棄した(させられた)守っているのは米軍。

大量の税金を支払っている。「思いやり予算」という。こうした下部構造を指摘しない、日本のマルクス主義者は、
観念論者ではないか?

もっと現実を見るべきである。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。 向精神薬害で毎日闘病。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問鍼灸施術受けています。漢方生薬も2019年5月下旬から開始。東洋医学にかけています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!