イワシのバター醤油炒め、サバの照り焼き

朝食兼昼食

・イワシのバター醤油炒め(昨日買ったイワシを開いて小麦粉とバター醤油で。
バター少し濃い目でしたが美味しかったです)

・丹波納豆(届きたて。絶品。奥深い味)

・白米

・白菜と薄揚げの味噌汁(出汁:煮干し、鰹節 薬味:ネギ、三つ葉)

食材管理とメニューに悩みながらつくりました。

天気晴れ

夕食
・サバの照り焼き(昨日買ったサバです。ピチットシートで一日熟成させると
良い感じになりまし。醤油酒ミリンと山椒、ネギを混ぜたタレで焼きました。
タレが少し焦がしましたが美味しかったです)

・白米
・味噌汁(残り)

17時、自称ダスキンの訪問販売を撃退している間にタレが焦げました。

余話)

19時40分ごろ、郷里の両親から珍しく電話がありました。
父は少し弱々しい声で感傷的、
母は怒ったような話し方。
こちらはただ黙って話しを聞くだけでした。
母はやはり癌だと話してくれました。
コロナで帰郷を控えていましたが暖かくなれば一度帰りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍と鍼灸治療(訪問)のお陰で 断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 人生や生活に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 掲載しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点