サワラの西京焼き、ブリしゃぶ鍋、ブリ刺身

朝食兼昼食

・白米

・豆腐と薄揚げの味噌汁(出汁:煮干し、鰹節、酒)
・サワラの西京焼き(串打ちして焼きましたが、少し焦げました。
味はまあまあ。サワラも脱水して寝かすべきでした)

・卵キャベツ炒め

・カボチャ煮付け

朝5時半に起きてゴミ出し。雪(雨?)が降っていました。
二度寝布団から起きるのが辛くてバタバタ食事準備しました。

夕食

・ブリしゃぶ鍋(出汁は昆布と椎茸。白菜、大根、エノキ茸、ブナシメジ、菊菜

出汁汁と醤油、ゆず果汁のポン酢醤油で頂きました。絶品。

・ブリの刺身(切り方下手ですみません。
しゃぶしゃぶもおいしいですが、刺身はその上を行くおいしさ。
養殖物とはいえ寒ブリ。大絶品。

・鯛の刺身(4日寝かせた真鯛。
冷蔵庫消化のためメニューに)

ブリの切り身580円で買って良かったです。
パック寿司より安かったのでお買い得感ありました。

デザート 紅まどんな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍と鍼灸治療(訪問)のお陰で 断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 人生や生活に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 掲載しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点