カレーうどん、鶏肉(もも、むね)ゴボウ、新生姜、玉ねぎの 甘酢炒め

朝食兼昼食

カレーうどん
出し巻き卵
ゴマおむすび


昨日つくったカレーの残りに水と麺つゆを足してつくりました。
昆布だしを使っているので、うどんによく合いました。

具には玉ねぎ追加。

本当に美味しかったです。

店レベルの味と自画自賛

卵焼きは安い卵を使った割にはいつもより上出来な感じです。
これも美味しかったです。

食欲はありました。なぜか朝の時間帯だけお腹がすきます。

夕方には落ち込むのが不思議です。

1日1食でいいのでしょうか・・?

食事量の調整に悩みます。

朝だけでも空腹になるので良しとします。

夕食

鶏肉(もも、むね)ゴボウ、新生姜、玉ねぎの
甘酢炒め

美味しかったです。肉と野菜は別々に調理するつもりが面倒なので
一緒に調理しました。

たれは酒、みりん、醤油、酢、おろしニンニク、おろし生姜です。
これに片栗粉入れました。
トロミがついて酢豚ならぬ酢鶏。

ご飯がすすみました。

鶏の皮が冷蔵庫に余っていたのでフライパンで油無しで炒めました。

これも美味。

鶏の皮の脂を捨てず食べました。本当はラーメンなど中華料理に使うらしいです。

一日雨が降ったりやんだり。洗濯ものを出したり入れたり。

エアコンのドレンホースがつまり水漏れ。清掃しなければなりません。

体調は首回りの凝り、こわばり、歪みがかなり緩和されました。

左にねじれて固まっていたのがだいぶ楽になり手足を伸ばしやすなりました。

料理を充実させながら心身の回復をはかりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。