はじめての「梅干づくり」  異端の方法

先週、梅干を自分で漬けようと完熟梅を
コープ自然派で1㎏×3=3㎏分購入しました。
赤しそが届くまで梅を痛ませないよう
黄梅を袋に入れて冷凍しました。(写真は冷凍前の完熟梅)

今日その冷凍した黄梅を解凍しました。

そして梅干にしようとしたところ梅を広げました。

水っ気が多くこのまま梅干にすると
腐って失敗すると予感。

水気を少し取った後、
塩とホワイトリカー900mlで容器に漬け込みました。
梅シロップにでもなればいいと考えたのです。

しかし梅シロップには砂糖を入れるらしいです。

既に塩を入れてしまったので
「梅干」しかないと方針変更。元の梅干漬けの目的に戻りました。

「赤しそ漬け」(市販の梅酢で漬け込み)
を容器に入れて足しました。
強制的に梅干作成の段階に入りました。

気になるのはホワイトリカー900ml
に漬け込んだ状態です。

梅酒を作るわけでもない。ネットで梅干漬けのレシピをみると
「ホワイトリカーは消毒用」とありました。

もう十分ホワイトリカーで梅と容器が消毒されているはず。

「やはり梅干に」と決意。

容器に入ったホワイトリカーを台所でざざっと流し捨てました。

容器には塩と赤しそ漬けで漬け込んだ梅が入っています。

そして重石を載せました。


これで

普通の梅干作成になりました。赤しそのおかげで梅干っぽくなりました。

これでしばらく様子見です。

今回正当な方法での梅干しづくりではありません。

異端の方法です。

なので参考にしないでください。

今回の梅干、水気湿気が多いのでどうなるかわかりません。

この先、どうなるか不安です。

悪戦苦闘の末に梅干を作成しています。

結果的な梅干の漬けこみ。

赤しそ漬けも自分でつくりました。

はじめてのことの連続でとても疲れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。