スリランカカレー  カレーの壺ミディアム

朝食兼昼食

スリランカカレー

見た目悪いのと、またカレーですみません。

スリランカカレーの壺の別の味(ミディアム)が届いたので
試しました

ニンニクと生姜を炒め、エンドウ豆を湯がいたのを入れました。
赤唐辛子も投入。
さらに
トマト一つを水200mlと一緒に入れつぶれるまで煮込みました。

野菜肉と同じフライパンの中です肉はウィンナー。

ゆで卵をつくっておいたので
卵のホッダをつくろうと思いましたが汁気が少なかったです。

カレーの壺の別の味(ミディアム)辛かったです。まあまあのおいしさでした。

スリランカ人はカレーで三食とるのでスリランカカレーなら飽きずに
続きそうです

もちろん和食、洋食も食べます。

しかし和食、洋食は意外とお金と手間暇がかかります。

後片付けも大変です。

スリランカカレーならつくるのはフライパン一つで済みます。
食器もお皿一枚で片付けが楽。

見た目もいい。

そして何よりアユーラヴェーダに基づく医食同源。

さまざまなスパイスを使うことで化学調味料や保存料は使わなくて済みます。

これだけで安全ですがさまざまなスパイスには自然の薬効があります。

漢方の煎じ薬なのです。

漢方の原型になったのがインドのアユーラヴェーダですのでその流れを直接組むスリランカ料理が
とても理に適った健康食なのです。

スリランカ人は日本人と同じで米、野菜、鶏肉、小魚をよく食べるので
料理の材料をそろえやすいのも魅力です。


夕食


舌平目のカレー炒め

ワカメと卵の胡麻油スープ

白飯

ドライカレー

写真投稿すべきか迷いましたが、
舌平目をスリランカカレーペースト(ミディアム)で焼きました。
骨を取ろうと包丁でこねくり回したら身が崩れました。

形崩壊して悲惨ですが味はとても良かったです。

なのでドライカレーもつくりました。
ニンニク、ショウガ、トマトをみじん切りにして炒め
ご飯にカレーペーストを塗りながら混ぜ焼きました。
チリパウダーとコショウも少しかけました。

トマトとレモングラスの風味が良いです。

カレー三昧です

カレーの壺ミディアムは中辛。レモングラスの香りが白身魚にとてもよく合いました。

これは使えます。他の肉料理や魚料理に使いたいスパイスです。

日本人にはあまりなじまない味かもしれません。特に化学調味料入りのインド風カレールウを食べなれている人は
奇妙な味に思えるかもしれません。

しかし、無心に味わうことを心得ればスパイスの意味が分かるはずです。

化学調味料や保存料が入っていないだけでも価値はあります。

スリランカカレーでスパイスの奥深さを発見しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。