今日の料理    鶏肉ガーリックステーキ 舌平目の唐揚げカレー風味

朝食兼昼食

鶏肉ガーリックステーキ

味噌汁

出し巻き卵焼き(←Twitter投稿で書き忘れ)

ご飯(7分づき米)

ヘルパーさんの手料理。スーパー宅配で購入した鶏もも肉を
調理してもらいました。朝倉粉山椒を少しかけました。

残り物の味噌汁にはネギを入れてくれました。

細かい技が良かったです。
美味しかったです。

もうヘルパーさん無しでいいのでは?と思われるかもしれません。

いえ、日々の料理ができるようになったのはヘルパーさんの調理おかげ。
定期的に外部からの刺激を受けながら食事をとるのは心身の健康に欠かせないのです。

(ヘルパーさんの機嫌にもよりますが・・)

それに毎回調理となると心身の疲労が重なります。

息抜き手抜きが必要という観点からもヘルパーさんの「助け」は必要です。

そもそも一人暮らし。何があるかわかりません。

レキソタンの断薬は継続中。今のところ離脱もそれほどありません。ただ過去の記憶のフラッシュバック
自責の念が強いのは相変わらずです。

身体的には筋肉の硬直が残っています。あと少しという感じですが、無理のないようにしたいです。

夕食


・舌平目の唐揚げ カレー風味
・キャベツ、トマト

・キュウリのぬか漬け
・ご飯(7分づき米)

スリランカカレーペーストで舌平目の唐揚げ
とてもおいしかったです。見た目はボロボロですが白身とスリランカカレーの味が見事に
融合してそれなりのおいしさでした。

もう少しカレーペースト少な目でも良かったかもしれません。

キュウリのぬか漬けは生姜醤油をつけました。
食欲が出て美味しかったです。

筋肉が薄くなり痩せたままなのでボリューム欲しさあら洋食になります。

舌平目は身が薄いので写真でみrほどこってり感はありません。

白身タンパクが少しでも筋肉回復を願っています。

何よりこうして食事を受け付けることが今の私には不幸中の幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。