今日の料理    200301

朝食兼昼食

ご飯

小松菜の味噌汁

出し巻き卵焼き(形崩れのもどきです)

白菜漬物

今朝はゆずをふんだんに使いました。
白みそにはゆずが合います

山椒はわき役でした。

白菜漬物にゆずおいしかったです(ぶつ切りすみません)ゆずと山椒の和風です。動物性たんぱく少なくても満足感あります

夕食

舌平目の唐揚げ風ムニエル

ブロッコリー炒め

ご飯、味噌汁

白菜漬物

昆布と山椒の佃煮

舌平目は唐揚げにするつもりがムニエルになったので
タルタルソースをつけて食べました。
白身によく合いおいしかったです。

白菜漬物が塩辛い。今度減塩します。まだ大量にあります。
工夫、節約の夕食でした。

今日も一日料理。変わったのは「佃煮」を導入したことです。ダシで使用した昆布と山椒で作った佃煮。

懐かしい味です。

いつも捨てていた昆布がおかずになるのですから不思議です。

山椒と昆布を醤油酒ミリンで煮込むだけです。手軽にできて立派なおかずになり保存がきき日持ちがします。

なんでも徳川家康が本能寺の変で身の危険を感じ伊賀越えをするときに佃村というところの
漁師たちの世話になり、後に江戸幕府を開くときに彼らを江戸に移住させて定住させたころから広まった
料理だそうです。

佃煮は保存がききます。そして珍味。ご飯のおかずやオニギリの具にも使われています。

加工品が市販されていますが添加物だらけ。しかしだし昆布で自作したら
添加物無しで味もも良く出来上がります。

何より味噌汁のダシで使った後の昆布ですから捨てずに再利用。エコです。

先人の知恵を感じました。

こうした食の工夫は栄養価に富み節約にもつながりますから、研究していて楽しいものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。