今日の料理 卵目玉焼き カレイ煮つけ(山椒づくし)200229

山椒にハマっています。今日も山椒づくしでした。
白菜漬けもつくりました。

朝食兼昼食

ご飯
味噌汁(昨日の残り)
卵目玉焼き(ウィンナーピーマン炒め)
白菜漬物
山椒佃煮
白菜の漬物は自分で作りました。白菜半分を1週間漬け込んで今朝取り上げ水洗い。
塩辛かったですがおいしかったです。山椒の佃煮もからかったですが良い香りがしました。
山椒は過食を防ぐ効果有り美味です。

夕食

山椒佃煮をつまみ食いしていたら食欲が増進され早めの夕食

・カレイの煮つけ
・ご飯、味噌汁
・白菜漬物
・山椒

残り物です。山椒かけるとおいしかったです。
食欲増進は、山椒のサンショオール成分が
ホルモン分泌を促し内蔵を刺激する
ためだそうです。
山椒はミカンの仲間なので清涼感ある香りが好きです。

「山椒ライフ」
毎日の料理に山椒を使い始めました。

最初はぬか床作成用で購入しました。料理に使うと良い香りと清涼感で山椒に魅了され
今では様々な料理につかっています。

ウナギ料理、親子丼に粉山椒を少しふるくらいのイメージしかありませんでした。

それがラーメンやパスタにも使えるから今では煮魚や佃煮にして毎食食べています。

山椒料理は京都が本場です。近畿に住みながら山椒の料理をどこかで食べながらも日常の料理には
ならなかった山椒。実はうどん、そば、ラーメン、丼物に京都では山椒を使うのです。

なるほど母が山椒を親子丼に使っていた理由がわかりました。

今はインターネット通販が発達しているので自宅にいながら山椒を取り寄せGoogleで調べて料理ができます。

栄養豊富。デトックス効果のある山椒。何より料理が楽しく食事がおいしくなる。

京都文化圏に住みながら気づきませんでした。

山椒  私は和歌山の「ブドウ山椒」を使っていますが、
本場は兵庫県養父市の朝倉山椒です。

研究して料理に応用していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。