昼、卵味噌汁 夕、白ナスと青唐辛子の焼き浸し 和の粗食が弱った心身に効く 

暑い一日でした。
ベンゾ薬でダメージを受けた体には響きました

このような時は和の粗食が一番体にやさしく効きました

以下、一日の食事記録をまとめました

朝だけ断食

・柿茶

4時起床。今朝は少し首肩の硬直あり。
背筋は真っすぐになり足の感覚がよみがえってきました

また散歩に出かけます

天気晴れ

昼食
・梅干しご飯(余り白米に自家製梅干しのせ
・卵と菜っ葉の味噌汁(無塩のいりこ煮干出汁が美味
・キュウリのぬか漬け

なるべく手間を省いてつくりました
おなかすいていたのでおいしかったです

一汁一菜
質的に最良

夕食

・炊きたて白米
・モヤシとネギの味噌汁
・白ナスと青唐辛子の焼き浸し(胡麻油と塩、酒で焼いて出汁に浸しました

・出し巻き卵焼き

・納豆

世間的な朝食メニューに近いです。
全般的に煮干しの出汁を使いました
おいしかったです

今夕は晩酌も。
料理酒として使っている「福徳長 甲斐の酒・超辛口」
も冷酒でのみました。
適度なアルコールでリラックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点