【漬物】白菜漬け

白菜の漬物に挑戦しました。

(塩と鷹の爪、昆布はまんべんなく葉の間にぬりますが、写真は適当です)

先日田舎から送ってもらった白菜を早速洗って天日干しにしました。

1日たったので、
昨日ベランダに干した白菜を家の中に取り込みました。

小雨が降っていたので焦りましたが洗濯物を干せるくらいだったので
ダメージは無いようです。

今日はこの白菜に塩、昆布、鷹の爪=唐辛子を加え漬物石で漬け込みました。

漬物はおいしいのですが市販のは高いのでこうして自家製をつくることは節約になりますし、

化学調味料や保存料を使わないので安心して食べることができます。

白菜漬け

1)容器の底に塩を塗って起き、さらに白菜の葉の内側と外側に塩を塗り、昆布、鷹の爪(唐辛子)をかけます

2)白菜の外側の葉を上にかぶし、塩をかけます


3)さらに昆布と鷹の爪をかけます

4)フタをします

5)漬物石と上フタを置いて完了

20~30分でできました

これで4~5日漬け込んでおけます

水が上がってきたら置石を軽くします。

初心者です。ネットの写真で少し勉強しただけです。

費用はホーロー容器と漬物石で8000円前後かかりました。

昆布は550円(Amazon取り寄せ 送料180円)

鷹の爪(唐辛子)は200円

ホーロー容器と漬物石は初期投資です。

白菜は田舎から送ってもらいました。
今は初期投資でお金が出る一方です。

これからコスパ良くなることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。