【終わりなき日常】 目玉焼き レバー酒蒸し焼き

今朝も4時に起床。夜明けととともに散歩に出かけました。

「よく毎日続くな~」と自分でも感心します。

風邪を引いたり腰痛になるのは嫌なので
少しでも強くなりたいという一念で体力の貯金をしています。

筋肉の障害で冬が極端に苦手になってしまった自分にとって
猛暑は天の恵みにさえ思えます

気温が高いと筋肉や神経の痛みが鎮まり動かしやすいのです。

それでも首肩、背中の筋硬直は相変わらずスッキリ治らず
もどかしい日が続くのですがこれからもまた解放される日が
来ることを祈り続けています。

今日は断食の割にもあまりお腹がすかずどこか不調
を感じながら11時半ごろ断食明けの昼食。
メニューは

・日の丸ご飯(自家製梅干しのせ
・玉ねぎの味噌汁(煮干出汁
・目玉焼き🍳×2 ピーマン焼き ミニトマト
・キュウリのぬか漬け、紅生姜
・出し殻煮干の佃煮

不調にもかかわらず
たくさん頂きました。

最近ご飯と味噌汁に目玉焼きの日が多いです。

夕食は

・鶏レバーと甘長唐辛子とニンニクの酒蒸し焼き
(神山鶏レバー使用

・炊きたて白米

・玉ねぎ味噌汁(残り

軽めにするつもりでしたが
パワーを付けたかったので鶏レバーを調理

レバー効果で少し食欲アップしました

食欲が無いからとあっさりしたものばかりでは逆にばてると
予感しあえてスタミナ食を意識しました。

毎日料理の支度が地味に負担になるので
少し減らす工夫も考えています。

魚は夏はまずくなるのであえて食べません

冷凍の切り身くらいがまだ良さそうですが・・

終わりなき日常

また明日から頑張ります

今日もありがとうございました。

付録)早朝散歩の様子

海辺の散歩と自然観察

まだ夜が明けきらない薄暗い中、出かけました

・アオサギ(am5:04

・下弦(かげん)の月(かげんで一発変換できますね。


やや三日月になりかけ am5:08
・カラス(近くで異様な気配と物音がすると思い振り返ると
1メートルくらい離れた柵の上にカラス。5:16

アブラゼミを捕食し始めました
3分以上同じ場所で傍若無人なふてぶてしさ

・花( 名称不明am550

風がとても強かったです
涼しくて良かったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点