豚バラ肉と椎茸の唐揚げ

おはようございます

朝だけ断食

・柿茶
asadake230623

5時40分起床。燃やすゴミ捨て。
首肩硬直緩和。背中に少しこわばり。

全体的に重だるいです。

天気曇り

良い一日を

散歩 野鳥観察
mure230623n2

気乗りしませんでしたが体力つけるため出てきました。

鳥は浜辺にカワウ、カラス、コサギが群れを成していました
mure230623n1

カラス🐦‍⬛カアカアうるさいです
kosagi230623

昼食
・卵トーストサンド(バタートーストに卵ペースト
chuushoku230623

卵ペーストはゆで卵、玉ねぎ、塩、胡椒、酢、タバスコ。
やや不調和な味でした💦

・コーヒー(一日200~300ccくらいまでならカフェイン中毒にならず
大丈夫みたいです
小川珈琲オリジナルブレンド

パンがかびない内に消費

良い午後を

夕食

・豚バラ肉と椎茸の唐揚げ(自然豚🐖と生椎茸を
片栗粉つけて揚げました

下味は塩胡椒。からし醤油で。

・トマトとズッキーニのサラダ

・昆布粥(冷凍ご飯を昆布出汁で煮込みました

・味噌汁(昨日残り冷蔵を再加熱
・カブのぬか漬け


余り物活用しながら少し料理

おいしかったです

良い夕べを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点