せめて食生活の改善から

レキソタンの断薬ができないのでせめて他の社会毒を排除しようと
食生活の改善をはかっています。

神経質と言われるかもしれませんが、食品添加物の入った調味料、加工品を排除しています。

ほとんどの何も食べられない状態です。

ここで考え抜いて「昔の人は何を食べていたか?」と突き詰めると
答えは出てきました。

前記事で書いた「出汁(ダシ)です。

天然の昆布、かつお節、煮干し、干しシイタケ をメインに夜中に鍋に水を入れ
今は、昆布とシイタケを放り込んでいます。

一昔前の和食です。ただ砂糖を使わないように注意しているので、ここでまた一工夫して
肉や魚といった食材を利用して料理の味を引き出しています。

市販の調味料 ○の素や〇ダシといったグルタミン酸ナトリウム(アミノ酸等)
を使うと見かけ上のおいしさはでますが所詮化学物質。

味覚が麻痺して「おいしい」と錯覚しているのですね。

グルタミン酸ナトリウム(アミノ酸等)はMSGとも呼ばれ「神経毒」です。

ベンゾ向精神薬と同じ神経毒なのです。

中枢神経に作用するので、味覚が馬鹿になり、食欲が過剰になりメタボの原因にもなります。

また目にも悪く緑内障の原因にもなります。

ベンゾジアゼピンの作用(=副作用)と共通するところが多いのです。

ベンゾの減薬は大切ですが、いきなりやめるのは危険なのでそこはあまり神経質にならず適量でステイ。

その代わり食事を改善することがベンゾ減薬・断薬への基礎であり近道であると気づきました。

ベンゾが脳に作用する化学物質で有害性を研究するにつれ、食品にも同じ化学物質が使われ中毒にされている現実に
驚きました。

しかしよく考えれば、食品業界も医療・製薬業界も固定客・リピーターを作らなければ「商売」になりません。

なるべく依存・中毒性のある食品、薬品で客の脳を支配すべく中毒にするのが今の食品業界・医薬品業界の
経営戦略なのです。

医者は世間知らずと馬鹿にすべきではありません。彼らも商売人。
いかにインチキクスリを正当化し人を食い物にするか考えていないのです。

西洋医学で必要なのは外科、感染症くらいのものでしょう。(あといろいろあると思いますが)

少なくともちょっとした不眠や肩こりなどで西洋医学にかかってはいけません。

麻薬まがいの薬で中毒にされ固定資産にされるだけです。

同じ原理が食品業界にも働いているので調味料と食材選びには細心の注意が必要です。

神経質かもしれませんが、一昔前のストイックな日本の庶民生活を思い出すと、それほど苦ではなく、

むしろ新鮮で懐かしい気分になります。

何より本物の出汁でつくった料理はおいしい。

化学調味料のおいしさがインチキでただの化学薬品のニオイがするのに気づきます。

こんなものを「普通」の感覚で何十年も食べていれば成人病になるのは必然です。

レキソタンという向精神薬は抜けていませんが、せめて食生活の改善でこれ以上の毒を体内に取り入れないよう
生活を工夫したいです。

お酒もやめました。

まるで昔の僧侶のような生活です。

実はこれが心身共に良い本当の意味での治療につながると確信しています。

本当、惜しいのはレキソタンの服用継続です。

食生活で体質改善されれば自然と抜ける日が来るのでは?と淡い期待を抱いています。

最後までお読みくださりありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。