朝)アジのみりん干し 昼)豚ガーリック炒め 夕)かやくご飯

・朝食
・白米
・味噌汁
・アジみりん干し(自家製)
・目玉焼き

・ナスのぬか漬け

多めになりました。
おいしかったです。
風邪はようやく治ってきました。
念のためルル服用

天気晴れ

昼食

・トースト
・自然豚ロースガーリック炒め
・バナナ、キウイ

午前中、接客を2回対応したら、
その後、疲れて眠り込み昼食の準備できませんでした。

何とか起きて簡単に食べられるもので昼食。

肉は飾りです。

食欲は回復。

食後念のためルル服用。

夕食

・鶏かやくご飯(神山鶏もも肉、ゴボウ、人参、ブナシメジ。
関西風五目ご飯です。)

・菜っ葉の味噌汁

・おくらの煮浸し

・ナスの焼き浸し冷や奴添え
(ナスを胡麻油で炒めおくら煮汁をかけました。
鰹節とおろし生姜で絶品

久々にヒット。風邪も治ったようです。
これまでの食欲不振は風邪だったのかも。

良い夕べを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点