和風チャーハン、白身魚のカレー粉焼

朝食兼昼食

・和風チャーハン(昨日鍋に焦げ付いたご飯でニラ雑炊をつくっていました。
色が茶色だったので再び加熱してチャーハンにしました。
それに玉ねぎとニンジンを追加して炒めました。
味付けは塩胡椒、胡麻油、酒、醤油、
おろし生姜&ニンニクです。

卵でとじましたが、茶色が勝ちました。
全体的にべとっとしたままですが、
生姜ニンニクの風味が良かったです。

・豆腐とワカメの味噌汁(出汁:煮干、鰹節、酒)
・ブリ大根(残り)

天気は晴れ時々曇り

・白身魚のカレー粉焼き(魚はホウボウです。
アナン社のカレー粉使用。とても香りが良くホウボウの白身に合っていました。
美味。もう少し油を多めにしてカリッと揚げるべきでした。アラの部分を後で粉をつけて油多めで揚げました。
これは絶品でした。


・ツナサラダ(キャベツとトマトに塩胡椒、ツナ缶で和え)

・白米

・味噌汁(残り)

今日も一日無事過ごせました。

食欲はほぼ無かったですが、オニギリも食べました。

余話)

午後は鍼灸の施術を受け、シャワーをして、
粗大ごみ出し。

(テレビラック)を手で担いで搬出し、
ゴミ捨て場まで移送しました。

最初は台車を使おうと台車を借りに管理事務所に赴きましたが、
錆びて取っ手が持ち上がらりません。

使い物にならない台車を
断念し家に帰り手で担いで運び出しました。

重くなかったので楽でしたが、
大きいので途中2回おろしながら運び出しました。

何とか搬出を終え一安心。明日朝回収です。

少し前の病状を考えるとすごく回復しています。

英語の音読もしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点