ほうれん草と卵のバター炒め ブリの刺身、ブリ大根

朝食兼昼食

・ほうれん草と卵のバター炒め

・白米(お代わり梅干も追加)

・玉ねぎの味噌汁(関西風だしパック使用。楽)

今朝はシンプル。特記事項ほぼ無し。
朝6時半起床。ゴミ捨て。黒糖生姜紅茶を飲んで
英書音読。今回は1章を繰り返し音読。
天気晴れ

夕食

・ブリの刺身

・ブリ大根

・白米
・味噌汁(残り)

ブリは通院帰りに高級スーパーで天然ブリの刺身と切り身を
買いました。
京都府産の天然ブリ。本物の寒ブリです。

刺身は880円。切り身は586円。
合計1583円。宅配寿司より安いという判断です。

合計の1583円は税込み価格です。
税抜き価格は1466円(880+586円)

1500円以内におさめたのは良い勘でしたが
消費税117円で1500円以上の1583円。
税金重いですね

余話)
今日は精神科通院。
帰りに高級スーパーで買い物しました。
暖かい晴れ。天気が良過ぎたたのか
歩道、院内、スーパーマーケット内
人が多かったです。
自転車が背後から前方、横、いたるところからぶつかってきて危なかったです。

老人の動きが鈍すぎて邪魔に感じました。

今日は精神科と内科受診。人混みと医者の態度が悪くてストレスになりました。
それでも空腹は萎えず夕食は美味しく頂けました。

疲れました。内科へは訪問鍼灸の同意書発行のため。
日付を書き間違え訂正されていたので待たされ先生の機嫌が悪かったようです
鍼灸師さんが前回同意書コピー添付されていてそれで内科医は混乱されたようです。

鍼灸師さんに電話して軽く抗議しました。
平謝り。

嫌な一日でしたが、天然ブリが癒しになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。