鮭と野菜の焼きビーフン、ホウボウと白菜と水菜の鍋

朝食兼昼食

・鮭と野菜の焼きビーフン(ニラ、ニンジン、玉ねぎ、キャベツ
焼き鮭ほぐし
味付け塩胡椒、酒、おろし生姜、ガラスープ、胡麻油

まあまあ美味しかったですが鮭の味が没個性的になったようです。
ケンミン焼きビーフン使用。

・味噌汁(残り)
・サバマヨオニギリ(焼サバほぐしをマヨネーズで和えた具のオニギリ。美味)

・サバマヨと菊菜のサラダ(絶品。サバマヨと菊菜を胡麻油で和えました。

これが一番美味しかったです)

今朝は作り置きを利用した冒険的なメニューでした。
天気晴れ

夕食

・ホウボウと白菜と水菜の鍋(出汁はホウボウのアラと昆布、塩、酒。
刺身で行けそうなホウボウの白身でしたが鍋にしました。

・卵雑炊(この数日胃腸が弱っているので、
ご飯と卵を入れて雑炊にしました。
漬物はカブのぬか漬け。

飲み物は柿茶。

酒は飲みません。調味料に使うだけです。

消化の良いメニューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点