焼きビーフン、キャベツとニンジンのカレー炒め

朝食兼昼食

・焼きビーフン(ケンミン業務用ビーフンを使いました。
キャベツ、ニンジン、椎茸、大豆モヤシ、自然豚バラ肉。
菜種油と胡麻油で炒め酒と塩胡椒、ガラスープで味付け。絶品。
「ケンミンビーフンは元から何か味が付いているのか?」
と思うほど風味が良いです)

・豆腐と薄揚げとモヤシの味噌汁(出汁:煮干、
鰹節 オーガニック大豆モヤシ使用)
・梅鰹オニギリ(作り置き)

今朝は朝6時半起床。夜眠れましたが、まだ頭痛がおさまりません。
資源ゴミ(段ボール、冊子束)出し2往復。
掃除料理はできました。
カフェイン抜けるまでもう少し辛抱します。
天気曇り

夕食

・キャベツとニンジンのカレー炒め(アナン社のカレーパウダー使用。
香りが良くて口当たりが良いです。美味)

・目玉焼き(同じフライパンで野菜ととじずに炒めました。)
・白米
・味噌汁(残り。大豆モヤシが本当においしい)
・デザート(みかん、よつばのカマンベールチーズ)

肉魚を使わないメニューでした。
頭痛だいぶ緩和され食欲有り。

余話)

今日16時ごろ、両親からからお米と野菜が送られてきた荷物を受け取りました。

エアコン買ったので生活苦なので
本当にありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。