今日の料理)平飼い卵の目玉焼き、牛肉とニラごまだれ炒め コラム)緊急事態宣言発令

4月7日火曜日 

朝食兼昼食

・平飼い卵の目玉焼き×2
・豚バラ肉焼き 少々

・キュウリの塩もみ

・ご飯(7分づき米)お焦げ付き

・胡麻油香るワカメの味噌汁(ダシは煮干しのみ)

おいしかったです。
久々に食欲があったのと、
料理がうまくいったので余計に美味しく感じました。

飲み物は柿茶です。

品数は多くないですが、調理に時間がかかれりました。

上手に美味しくつくろうとするとわずかな料理数でも時間と労力を費やします。

食べるのは10分程度なのでなんだかもったいない気がします。

一人メシのワビシサが響きます。

作った料理の美味しさがその心を埋めるスパイスなのかもしれません。

夕食

牛肉とニラごまだれ炒め

ご飯(7分づき米)

味噌汁(残り物)

昨日作り置きのニラ胡麻だれと菊水和牛ロース薄切りを
炒めました。玉ねぎも入れて炒めました。

日本酒少し入れて炒めました。
砂糖入れたら甘辛炒めでしたが、砂糖不使用で料理しました。

ニラのゴマだれ」は 醤油、酢、おろしニンニク、おろし生姜、ラー油、白ごま
を混ぜてつくっています。なので牛肉に深い味わいが出ました。

とても美味しかったです。

実は夕食はあまり食欲ありませんでした。

気温差があります。そして武漢コロナウィルスが流行っているのでどこか神経を使っているのでしょう。

それでも今日の糧に感謝。

この記事を投稿した直後 4月7日 17時45分ごろ 安倍総理大臣が7都道府県に対し
てコロナウィルスに対する「緊急事態宣言」を発令しました。
abemaTVで生中継でみています。

スマホではじめてリアルタイムのニュース確認。

今回の緊急宣言、私は関西のが対象都市に住んでいるのでまさに自分のことです。

食欲が低下するときが多いのでコロナウィルスに少しは感染しているのかもしれません。

今は免疫、自然治癒力でしのいでいるのでしょうか・・?
外出せず一日家で過ごしています。手洗い、うがい、換気、消毒をマメにしています。

訪問鍼灸師以外は外部との接触はありません。

それでも恐ろしい感染力の今回の武漢コロナウィルス感染拡大  

本当に怖いです。

今回 7都道府県に対する緊急事態宣言は5月6日まで1か月間の期限が設けられれいます。

はたして1か月で収束するでしょうか?

強制力のない緊急事態宣言・・史上初だそうです。

治安の悪化も考えられるので「戒厳令」が必要ですが憲法が邪魔をしている
事実。
神頼みでしょうか・・

あまりにも非現実的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。