今日の料理 ピーマンとウィンナー炒め 鯛の天ぷら

朝食兼昼食

ご飯
味噌汁(昨日の残り)
卵目玉焼き(少し焦げました)
ピーマンとウィンナー炒め
チリパウダーとバジルで炒めました。

適当に作りました。
凝ったものをつくりよりこうした料理が簡単で
バランスがとれているのかもしれません。

調子はまあまあです。

関節に少し痛みがあります

夕食
鯛の天ぷら

散らし寿司

高知県室戸岬産の真鯛を急速解凍して
3枚おろしにするも失敗。

寿司刺身はあきらめ鯛の天ぷら。
ピーマンも揚げました。

酢飯はちらし寿司に転用。

どれも我流です。
美味しかったです。

鯛をさばくのが難しいですね。
刺身で食べられないことも無かったのですが、あまりにも乱れた形。

それに一度冷凍したのを解凍しているので、
火を通したほうが良いと判断。

塩焼きや煮つけでも身が崩れ過ぎています。

なので衣をつけた天ぷらいいと判断。
徳川家康の好物で食べ過ぎて死んだという逸話のある鯛の天ぷらにすることにしました。

衣は小麦粉と片栗粉。規制の天ぷら粉は使いませんでした。

小麦粉と片栗粉を水でまぜました。あらかじめ鯛に塩と小麦粉をかけて起き

よく熱したフライパンに油を入れて揚げました。

油はコープ自然派の缶入りの油。天然絞りの遺伝子組み換えでない菜種油です。

この油が良かったのか既成の天ぷら粉を使わなくても良い感じに揚がりました。

鯛の身の厚さも思ったよりボリュームがあって全部揚げるとかなりの分量になり、一人で食べるのが
少ししんどかったです。

まあ軽く2人前はありました。

これと即興で作ったちらし寿司。


はじめてつくりました。カニと卵焼き
キュウリの細切りを散らしました。
酢飯ができていてのでそれに酒ミリン醤油を混ぜたダシを入れ、、カニ、キュウリ、卵焼きを
散らしました。

これがまた美味でした。

酢飯は今回ご飯2合硬めに炊きました。これに少しの酢を入れて混ぜて3時間以上冷やしました。

酢飯の出来も良かったのです。

食欲なかったですが、鯛一尾分の天ぷらとご飯2合分の散らし寿司を完食。

まあ元気な方でしょうか。

コロナの収束を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。