今日の料理  卵目玉焼き、八宝菜

朝食兼昼食

ご飯
豆腐とわかめの味噌汁
卵目玉焼き、ベーコン炒め
トマト

通常朝食メニューです。
あまり食欲ありません。
食べ始めると少し食用回復する程度です。

ノドの痛みや咳がありコロナ不安です。

夕食

八宝菜
ご飯、味噌汁

八宝菜、白菜全部使ったら大量にできました。
味付けは塩コショウ、すりおろし生姜とニンニク
中華だし、醤油 

全体的に薄味だったので酢を入れるといい味になりました。
具は白菜、 ニンジン、シイタケ、エビ、イカです。

豚肉とウズラ卵が欲しかったです。

食欲不振なまま食べました。

今日も一日食欲が無いままでした。
身体の歪みやねじれは治ってきており、体質の変化から自律神経が乱れているからかもしれません。

しかしコロナウィルスの初期症状ともよく似ています。

風邪薬ルルと胃薬のタケプロンを服用して休んでいます。

コロナに感染しても安静にしておけば自然治癒するらしいので手洗い、うがい、換気をしてひたすら休むようにしています。

訪問ヘルパーさんは4月から休止。訪問業者は鍼灸師だけです。

外部との接触を避けるため訪問の鍼灸も休止しなければならないのかもしれません。

思考力も低下しています。(洋楽一曲10日くらいで暗唱できるようになりましたが・・
ちなにみ覚えたのはEagles。 Hotel Califolniaです)

なにかと不安な症状に悩まされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。