メッセージの返信です

KK様メッセージありがとうございます。

PCからメール返信できませんので、この場を借りて返信とさせていただきます。
(個人情報開示に問題がありましたら申し付けください)

はじめまして

KK様 メッセージ拝読しました。
現在の私の状況は全身の筋肉減少が激しく、訪問の鍼灸マッサージ師(4人)から
痩せを指摘されています。彼らは職業柄ALS患者をよく見ているので
質問したところ、「不安なら神経内科を受診したほうがいい」という回答でした。

また「ALSはもっと細くなるのでATさんはALSではない」と答えをいただきました。

私本人は臀部と足が急速に細くなり行動障害が出ています。
ところが不思議な事に自転車に乗って月2回通院することができるようになりました。

以前のような重力感はありません。風に吹き飛ばされそうな感じに悩みます。
家事もほとんど自分でなんとかこなします。

筋肉が弱く細くなったので呼吸が辛い事が多いです。

食欲ありません。睡眠も数時間です。精神的にはフラッシュバックが多く過去にチャンスを逃した事を
後悔しています。当時気づかなかったことに気づいて後悔するパターンです。

私の現在の状況はこのような感じです。
一日中部屋のリビングでyoutube音楽を聴きながら過ごしています。

Kさんも同じような症状で大変辛い思いをされていますね。
家庭環境が良くないのが脳神経に与えることを考えると不安です。

車椅子、寝たきりをご心配されている様子。
女性は筋肉量がもともと少ないので筋萎縮のダメージが大きいと思います。

どうかご自愛ください。 私個人はALSではなく、ベンゾによって筋肉の運動が阻害されているために
消化器に影響があったと考えています。とはいえ筋肉の強ばりは辛いです。
時間薬しか考えられません。お互い乗り切りたいものですね

AT

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。 向精神薬害で毎日闘病。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問鍼灸施術受けています。漢方生薬も2019年5月下旬から開始。東洋医学にかけています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!