なぜ痩せるのでしょうか?

9月になりました。残暑が続きますが、
すっかり秋。涼しくなりました。

7月3日にベンゾ(レキソタン5mg)を断薬して2ヵ月半経過しました。

訪問鍼灸マッサージが奏功し、レキソタン断薬には成功しています。
(漢方は副作用の吐き気が強くなったので9月15日に5種類のうち4種類を中止。
「水蛭」(すいてつ)という蛭の漢方がきつかったです)

ただ全身の痩せとノドと胃の回りのイガイガ感は今でもあります。

一番辛いのは臀部、腰部、背部の筋肉減少による機能低下です。
そして自分のシルエットを見たときに感じる体型の変化も辛いです。

起き上がるのに細くなった足を支えるので痛みが走ります。ふらつきます。

こうした体でも慣れで生活できるのが不思議です。自転車にも連日乗れるようになりました。

ツイッターでは食事ツイートを繰り返しメニューも比較的豊富なので
元気に思われますが、実態はヘルパーさんと訪問鍼灸師の精神的支えがあってこそなりたっています。

体の強ばりはほぐれつつあります。鍼灸師からも「体は細くなったが、柔らかくなった」と喜ばれました。

筋肉の強ばり、特に首周りがほぐれると「楽」になります。しかし同時の筋肉が減るのでメカニズムが
よくわかりません。

「痩せは好転反応」と位置づけています。おそらく痩せ→強ばり→コリが緩和→痩せ のサイクルです。

これで完全に体の強ばりがとれて体がもっと柔らかくなれば痩せは止まると希望を持っています。

食事が可能なので栄養には問題がありません。この要素も回復に役立つでしょう。

薄くなったお尻と腰、背中、足裏ペチャンコの偏平足傾向・・情けないです。40代後半で子供のようにみられます。
年齢をいうと驚かれます。

機能、外見ともに低下しました。
痩せの良い点は、しかし、コリの緩和と見た目のスッキリさわやかさです。
(但し起き抜けの顔が怖い。下山さんや他の薬害者の方も同じことを書いておられました)
裏を返せばそれだけ精神薬のベンゾジアゼピンによってぶくぶく太り、だらっと締りのない顔と体格だったのです。

もしかすると、今の痩せが本来の自分に近いのかもしれません。

痩せが断薬による痩せなら向精神薬がナニカを破壊していたのです。

今の痩せは好転反応・・・?

希望と不安、疑問が痩せと痛みとともに毎日続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。