就労継続支援A型での就労を考えています

体はボロボロでまだ働ける状態ではありませんが、
貯金を切り崩し、不安定な障害年金だけが収入源。

ブログ収益は無きに等しい。Amazonマケプレも小遣レベル。

低収入な上に光熱費の負担。今年は物価上昇に増税。

もう体を引きずってでも働かなければなりません。

一般就労は無理なので、就労継続支援A型での就労を申請します。

実際に働くかどうかは作業所を見学してからにします。

ついに社会の最底辺に辿りつきました。ものすごくプライドが高く、

このような身分と待遇に甘んじるなど考えても見ませんでした。

そういう場所を軽蔑すらしていました。自分とは関係ない」と。

これは多くの人が持っている差別感情と同じです。

今はその被差別に自分がなってしまった。

しかしもうお金=命なのです。

毒父による経済封鎖。

これならもっと若い時20代で貯金を持って家を出るべきでした。

毒父に洗脳され、毒でしかない向精神薬でクスリ漬け。

体を壊したあげく、最底辺の職場で頭の悪い人達に監視されながら、最低賃金で働かなければならないのです。

10数年前、知的職業につく道が開かれていたのに、好機を逃したのが悔やまれます。

今はもう、一障害者、一労働者として最低限のお金を得なければならないのです。

筋肉のクッションがありません。睡眠も不規則です。断薬しきれていません。
手足の皮膚感覚が薄くて物に触れると違和感と痛みを感じます。

弱い時に最底辺の仕事をしなければならない屈辱感。

毒親、向精神薬がこれらの悲惨をもたらしました。

父とは前記事で金銭トラブルと書きましたが、大卒新卒を潰された「損害賠償」として大金を要求したのを
覚えています。それがいつしか出資にすり替えられた・・・

ベンゾによる被害妄想と焦燥感で父に大金を出資させたのです。自分の中では損害賠償のつもり。

それが知らない間に父からの出資にすり替えられ、自分もそれに洗脳され、地元で意味不明な言動で固定化されていました。

薬物と父からの洗脳が同時並行になされていたのです。

今は薬物と毒父の影響はありません。ボロボロになった体と40代という年齢。そして障害者という社会的地位。

虐待を受けても誰も救ってくれません。女性は相変わらず傲慢です。

日本人の男性は障害者になっても迫害、差別を受ける。この現実を普段弱者の権利を主張している団体は
どう考えますか?

まだ日本人の男性を追い詰めるのですか?

就労継続支援a型を申請するに当たり、さまざまな思いが去来します。

いつも私に不利な原理が働いている。

妄想?陰謀?  何を言っても書いても信用されません。

ブログも更新が辛くなってきました。お金にもなっていないので続ける意味は無いでしょう。

1年間毎日更新のルールだけは守りました。

ブログをそろそろお休みにして、就労支援a型での就労と給与収入を考えています。

20代家を出るべきでした。30代、東京に出るべきでした。

私を阻んだのは毒親洗脳、そしてベンゾ系向精神薬。30代は過剰なベンゾでクスリ漬けにされ身動きが取れませんでした。

10代には戻れません。経済的自立の尊さ、それを自らの支配欲のために全力で阻んだ毒父・・・

薄くなった筋肉と皮膚で働かなければなりません。

辛い日々です。
最後までお読みいただきありがとうございます・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。