また看護師とトラブル

看護師って嫌ですね。

また看護師とトラブりました。やめてもらいます。
10分話した程度でケンカになりました。

ケンカと言うより看護師から侮辱を受けました。

元から嫌いな人達なので引いてもらって結構。

私だけかと思いきやネットでは看護師への怨嗟の声に満ちています。」

障害年金の装置と考えていた看護師はしばらくいりません。

今年の更新、どうなるかわかりませんが、もう傷つきたくないので、看護師とは関わりたくないです。

それにしても何であんなに傲慢なのでしょうか?

私も男ですが高慢なところはありますが、看護師のそれとは次元が違います。

彼女たちは根源的に性根が腐っているようですね。

皆さんも検索をすればわかります。

自分が一番偉いと思っている看護師。すぐに上から目線。それにも耐えていると今度は侮辱を浴びせかける。

私の経験上、まともな看護師をみたことがありません。
おそらく政治闘争をして権利を勝ち取ったものだから、自意識過剰と傲慢さが身についているのでしょう。

こんなことを書くとまた怒られるかもしれませんが、左翼的な手法で権利を得た職業の人達は

人間性に欠けるところがあります。

もう看護師というものを論評したくないので、この程度にしますが、

本当に嫌な思いをさせられました。

同世代40代の女性というだけでも嫌なのにそこに看護師の嫌さが加われば、
もうストレス以外の何ものでもない。

ああいう人種が嫌で私は読書をしてきた経緯があるだけに、ある程度の反論を用意している。

だから余計看護師と対立するのです。

私だけではない。他の世代、老若男女問わず、看護師の態度の悪さへの批判をネットで読むことができます。

私にも問題はありますが
こうした世論を考えると看護師のほうが悪質なのは明白です。icレコーダーにも録音しました。白黒つけます。

まあ腐った医療業界で過保護にされていますから、私の訴えなど放置されるでしょうが。やるだけはやります。

日本の福祉医療は本当に腐っています。

弱者はこうしたところでも虐待と差別を受けるのです。

「体治らんあいかな」、それだけが希望です。

看護師とは特に関わりたくありません。障害年金の装置とはいえ限界があります。しばらく外します。

本当なんで自宅で明らかに馬鹿な連中から

侮辱を受けなければならないのか?悲運を嘆きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。 向精神薬害で毎日闘病。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問鍼灸施術受けています。漢方生薬も2019年5月下旬から開始。東洋医学にかけています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!