エアコン取付


本日、取付工事完了しました。
朝から業者さんの車を敷地内へ誘導するため
ゲートリモコンを隣人から借りました。

そのプロセスで普段合わない近所住民の面々を見てしまい
とても嫌な気分になりました。

それはともかく新しいダイキンエアコン。
2月2日(火曜)にジョーシンで購入。
2月7日本日(日曜)、取付工事でした。

業者さんに4600円の手間賃を現金支払い。
感じの良い人で2時間ほどかかった工事の時間はストレスがほぼ無かったです。

無事取り付け終わりさっそくエアコンのヒーターを稼働。

暖かい。

ダイキン製は静かでパワフル。

前のナショナル製エアコンは発火リスクがあると業者さんに言われ
安全面からも買い替えは正解でした。

古いエアコン取り去ったら焦げた跡がついていました。

ホコリと思い雑巾で拭こうとしたら業者さんに「これ焦げですよ。危なかったですね」と言われたのです。あまり節約して
ボロい家具を使っていると火事の危険があることを思い知らされました。

そういえばこのナショナルエアコン、20年以上前のものですが、
ベンゾ減薬を始めた2015年、2016年夏ごろ、変な音がしながらクーラーを回していたのを覚えています。

当時激やせして体温が低下。ホルモンバランスも乱れ夏なのに暑さを感じず、汗をかかない異常を感じ
エアコンをほとんど稼働させず夏を過ごした記憶があります。

不健康な理由でのエアコン不使用が買い替えを大幅に遅らせました。

まさか2021年まで生きているとは思わず、新しいエアコンで過ごしていると
断薬の苦しさが少し昔のことのように思えました。

まだ油断できません。

今年の夏はダイキンエアコンのクーラーで楽に過ごせるでしょう。

金銭面だけが心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。