障害と葛藤の中で個人事業の開業届を出してきた

今年はよく動いています。痛みと違和感に悩まされながらです。

個人事業の開業届を出してきました。ネットで売上げが少し出てきたので、経費を計上しておかなければ
余計な税金を取られるかもしれない」と考えたからです。

でも年20万前後なので別に開業届を出さなくても良かったのです。

障がい者控除が27万円くらいあるので課税所得がネットで増えたところで

非課税世帯には変わりません。

それでもなぜ個人事業の開業届を出したのか?それはこのまま朽ちていくのが悔しいのと、
もしかすると「せどり」で一山当てることことができるかもしれない」と夢想したからです。

現実的に考えれば、いつ、どこで、何を、誰に、どれだけ売るのか?売り続けるのか?

具体的な計画とビジョンがなければ、成功はしないでしょう。

今その具体的な計画もビジョンもありません。

薄くなった胸回り、ヒジヒザで動き回るのがやっとです。

精神的にも相変わらず自責の念、毒父の批判といった思念に満ちています。

一人倒れている間に電話口で受けた罵詈雑言の言葉が深い心の傷になっています。

肉体の劣化と精神的な傷を負いながらお金儲けを考えなければならないという現実は相変わらずです。

福祉ヘルプの訪問介護の女性達に助けられています。

この方達にも問題点がないわけではありませんが、一人孤立している中での家事支援のための訪問は
とても心強いです。

台所回りを少し掃除し、料理をしてくれるだけです。もちろん会話重視です。

実はこの「会話」によって心が癒され、鼓舞され、自分でも信じられない行動する力の源泉になっているのです。

冒頭で述べた個人事業の開業」も昨年まで考えられませんでした。

いくらお金と居住空間があっても一人孤立していれば抑うつは酷くなり強制入院させられていたことでしょう。

それが福祉ヘルパーさん達との週3回の会話で立ち直ることができるのですから、
心の力は大きいのです。

裏を返せば心を傷つけることは、暴力より深い傷を相手に与えるのです。

その意味で私の70代になる父は暴言の連続でその子たちの成長を阻害し、傷つけ続けています。

「お父さんも仕事で頑張ってきたんだから」と弁護する意見をよく聞かされますが

人格を否定する言葉を物心ついた時から浴びせかけられ続けるとせっかくの財産も役に立ちません。

私がいつもテーマにしている心の豊かさ、精神性は高額所得者であった父は結局は時代に恵まれただけの人間的特性の低い
成金でその財産も病気の家族に食いつぶされているという運命なのです。

教育」の意味がわかっていない。毒父はおそらく支配・被支配の関係を教育と思い込んでいるのでしょう。

そうした家庭環境の中でいきると私もそのような特質があるのを発見します。
そしてむやみやたらに奮闘したり、地団太踏んだり、下らないことで意地を張り続けたり、

おおよそ人間としての精神性が低いことに気づかされます。

ただ唯一救いがあるとすれば、一人沈思黙考して考える時間が多いこと。

ほんの少しでも修養、道徳の本を読んできたことです。

こうした経験が心の糧になれば、経済的に自立したときに真に豊かな人間関係を気づくことができる。

毒父からの経済支援を断ち切って生きていくことができます。

個人事業の開業はこうした真に豊かな人生への布石。

時間とお金と労力を自分のための人生に注ぐ決意をしたのです。

肉体的な劣化も障害となっています。また暴力的な父から受けた心の傷も一生消えないでしょう。

こうした心身の障害と傷を持ちながら、経済的自立への道を歩まなければなりません。
理不尽なこと、悲しいことが予想されます。

心だけは気高く、しかし傲慢にならずに人格を形成していきたいのです。

毒父が反面教師です。いやむしろもうその存在を忘れた方がいいでしょう。

人生は本当はそんなに気負わなくても生きていくことができる。
しかし過剰な競争の中で生きてきた70代の父から受けた人を威圧する性根、見栄、本質を見抜けない不見識
に影響されています。洗脳すらされています。遺伝もあるでしょう。

しかし後天的な努力で毒父からの悪い特徴を改善していきたいのです。

そのためにはやはり肉体的、精神的、そして経済的基礎が必要となってくるのですが、
これがまた制約されている。

悩みが尽きないのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。