久々の外出

無理をするとノドの違和感が酷くなります。

28日月曜、珍しく外出。一人で出歩きました。筋肉衰弱の影響で歩きづらさがあったものの、
レキソタンが効いていたためか不安感はそれほどありませんでした。

銀行に行き通帳記帳、個人事業としての取引開始。個人事業を開業したのです。

たぶん体調に左右され長くは続きません。おそらく形だけになりますが、やるだけはやりたいのです。

そういう気合が無理につながり普段しない外出をした上に1時間以上歩きました。
歩くことができました。これはうれしいことですが
やはり「障がい」を感じます。

心窩部とノドの違和感と痛みを抑えながらの無理な行動。潜在意識的に張り切っているのです。

危機感からです。そして動き回るのですが、

かつて筋肉があったころの機敏さがありません。

ベンゾの後遺症か栄養失調かわかりませんが、体格が変わりました。経済力も家庭環境も変わり
一気に老け込んだ気持ちになります。

肉体も心も衰弱し、世の中は変わってしまった。自分は社会的に進歩するどころか退歩し、
底辺を彷徨っている。

30代の選択の失敗が40代以降坂道を転げ落ちるように落ちていくのを感じます。

個人事業で再生をかけようとしていも体があまりにも衰弱しました。

小さくなったのです。

大きな体をして元気だった頃になぜ今くらいの知恵や謙虚さがなかったのか?

深い反省ばかり浮かびます。

心身全体が危ないのかもしれません。

無理な行動がそれに拍車をかけます。

お金も少ない。袋小路の中を彷徨うとは思いもせず、親の愛に守られた幼い頃の記憶が甦るのです。

青年期、怒りっぽかった。今より筋肉も胃も丈夫なのに贅沢です。

こうした反省はまた、今体が衰弱しているとはいえ一人で歩き、風呂に入れることが
ものすごく素晴らしいことだともっと年を取れば気づくでしょう。

そしてもっと若い内に楽しんでおくべきだったと後悔するのです。

人間はみな平等に年を取ります。

若い時ほど人生に謙虚に生きることのあり難さを感じて生きるべきだと後悔しています。

失ってはじめて健康や豊かさのあり難さに気づくのでしょう。

傲慢にならないように日々の自分を律したいです。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。単身男性。 向精神薬害で毎日闘病。 精神安定剤、ベンゾゾジアゼピン依存・離脱・後遺症の療養記録です。 レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を2007年からカクテル処方され、8年長期服用。2015年から大幅な減断薬。その後2015年暮れから副作用・後遺症に陥り現在も療養中です。さらに家族との不仲で、経済的に窮しています。2017年から「障がい福祉サービス」を受給。訪問介護、訪問鍼灸施術受けています。漢方生薬も2019年5月下旬から開始。東洋医学にかけています。 診断は「抑うつ」障害福祉の現場に潜伏中。ブログで情報発信しています!