相談支援専門員Eの分析

相談支援専門員のE(66歳=ポスト団塊)は、子飼いの訪問看護ステーションの重要事項説明書に
自分が所属している相談支援事業所の運営方針を
こっそり差し込んだ。

つまり子飼いの訪看ステーションと自分の所属する相談支援事業所の一体化を
計ろうとした。相談支援専門員のEは、子飼いの訪看ステーションを
ダミー化して利用者=私を操作、間接支配しようとしたのである。

現に契約直後の6月上旬、訪看と一緒に相談員のEが乗り込んできた。
まるで「進駐軍」のように威張っていた(進駐軍はみたことありませんがw)
占領軍のようだったのです。

相談員Eは、看護の時間に割り込んできたのだ。この言動はおかしい。言動内容も下世話なことで
「一体こいつに何緒権限が?」と当時不思議に思った記憶がある。

ダミー会社(ペーパーカンパニー)を使うのはEのやり方の特徴。

派遣ヘルパーでさえ「ダミー会社」(ペーパーカンパニー)を
新設して利用者の私に差し向ける。(市からの指定前の会社だ。指定が降りるまでは相談員Eの事業所からの派遣という形をとる。)

相談支援専門員Eの運営法人の商業登記簿にはEの名前は無い。親族ばかりだ。

自分の名前は表に出さず、別人名義で行動するE

暴力団関係者のやり方ではないか。

Eは高級住宅街に一戸建ての土地建物の不動産を所有している。いずれも昭和時代から6800万円の「根抵当権」がついている。

親族名義の法人融資のため担保にしたと思われるが、その親族名義法人は平成14年に「破産登記」されている。

ところが相談員Eの自宅不動産の根抵当権は解除されていない。昭和のからそのままだ(金融改革で金融機関の商号が変わっているだけ
で融資元は同じ金融機関)。

金融機関名が第〇勧銀からM銀行になっただけだ。
他の数千万の抵当権は破産申請、登記と同時に抹消されている。
相談員E個人名義の自宅への根抵当権は、6千万近くは暴力団への迂回融資ともとれる。

京都の金持ちと思われる個人から1千万金を借りてその担保として自宅に抵当権を設定もされている。

金を貸してくれるということは信用と収入があるということ。

66歳になったという。ダミー会社(ペーパーカンパニー)、偽造契約書、
あらゆるアイテムを操作して何かをやらかすヤカラ。

実力がるので取り入ればチャンスになるかもしれないが、向こうは私のことなど眼中にないようだし、
そもそも偽造契約書の説明責任も果たしていない。

また現在別のダミー・ヘルパーステーションのヘルパーを派遣している。
指定が降りる前のヘルパーステーションだ。Eの事業所からの派遣という形だ。

Eは指定前に自分の事業所からの派遣方式をやる。新しい会社(ダミー)に指定が降りるまで」というのがその理由だ。

この手口の大いに違和感がある。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。