病気年齢お金、人間関係

悩みがついません。断薬にこだわらずある程度クスリをのんでいたほうがいいように思えます。

しかしレキソタン単剤が抜けないわけがありません。
時間がかかりますが抜きたいです。

ただその時に後遺症が残る。50代を超えています(生きていたら・・)

体ボロボロでお金もない、痛みと差別偏見だけがある。

こうした中かけているのが「プチ断食」小食です。

甲田療法を少しアレンジして朝断食をして昼一回食べる。気が向けば夕食もとります。

全然空腹感がないので断食している感じがありません。

これを精神疾患ととらえられ抗うつ剤投与の対象にされるかもしれず、その点も悩みがつきます。

それでもこの最近の朝断食と節食で体が軽くなりました。

スイマグという下剤で便通を良く下のも奏功しています。

体がスカスカでも以前より動くことができるのです。

掃除洗濯、軽い散歩。

健康体に近いと思われるでしょう。しかし腹部の違和感と刺すような痛みが時々あります。

まだ爆弾を抱えた状態なのです。

小食とスイマグで宿便をとることで体質が改善すれば、50台を過ぎても何等かの収入源で生きていける可能性も僅かながらあります。

今その僅かな希望にかけています。

痛みを抑えるために食という楽しみさえ奪われ、お金も尽きてくる。
「一体いつからこうなった?」「精神薬で狂っていた?」

限りなく自問自答が続きます。

もう復活はありません。一発逆転もありません。変な夢は見ない方がいいでしょう。
せめて福祉で束の間の幸福を実現させたいのに、

前記事で書いたように現在リストラ中です。

今の福祉メンバーはさぼってばかり。仕事をしません。むしろ村八分にされる有様です。

なぜ福祉からもこのような仕打ちを受けるのか?

悲惨は悲惨を呼ぶのでしょう。どこかで食い止めたいです。
そして好転させたいです。

福祉業者の大幅なリストラ、入れ替え、11月から12月にかけての一か月に及ぶ期間ですので、
どこでどういうトラブルが起こるかわからず、今から不安でもあります。

健康さえ回復すれば周りの環境に左右されず日々を過ごせるのです。

お金の問題もありますが、健康が前提です。

日々尽きることのない苦悩とともに生きています。

障害年金が命の綱。これ以上の安定収入はありまえん。

ところが一年更新。来年どうなるかわからず、福祉業者の力添えも必要です。

この点から今やっている福祉のリストラが吉と出るか凶と出るか」という不安もまた新たに出てくるのです。

多くの人が精神科の軛から抜けない理由がわかりました。苦痛緩和だけでなく経済t系メリット、
福祉への依存があるからです。

しかしそこには完全な自由も尊厳もありません。

今手持ちの財産と時間を使っていかに健常者に近づくか?それも福祉のメリットを利用して

落ちぶれた考えにとらわれています。

とにかく小食、朝断食で胃腸への負担を無くしスイマグで便通をよくする。

こえで少しばかり心身の具合が良くなるのでこれをベースに養生を続けていきます。

10月最後。誰にも相談できない悩みの中、自分の生き方を問いなおす毎日です。

何か自宅で安定収入を得る方法はないものだろうか?都合のいいこと考えています。

体さえ丈夫なら  健康のあり難さを痛感しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。