モヤシと揚げの味噌汁 昼)焼き餃子 夕)握り寿司

朝食
・白米
・モヤシと揚げの味噌汁
・丹波納豆
・目玉焼き
・レタスバナナサラダ

まだ自分には多すぎました。
胃が重く食欲無いのに無理して食べました。
本当は1日2食でもいいかもしれません。

まだ少し風邪気味。鼻水なので
ルル3錠服用。風邪薬は肯定します。

朝の散歩

今朝はラジオ体操が終わった時間に出かけました。
既に気温が高くなる時間で暑かったです。
海岸を通り橋を渡り
往復20分歩きました。
ゆっくり一人の時間を過ごせている感じでした。
脇腹に筋力を感じ力強く歩けました。
風邪をぶり返さないよう帰って即シャワーをして汗を洗い流しました

昼食

・焼き餃子(モヤシとニンニクも炒めました。)
・白米
・味噌汁

こんな感じのが無性に食べたくなり作ってみたものの
食べ始めると食欲低下。
それでも完食。

ランチにしては少し食べすぎかもしれません。

ルル3錠食後30分経ってから(本当は30分以内)服用しました。
念のためです。

夕食

握り寿司

自分で握りました。下手ですが絶品。
ネタはスーパーで仕入れ。中トロ、ハマチ、鯛。
刺身用なので細長くシャリの大きさに合っていませんでしたが
なんとか握りました。

焼きアナゴとイサキの卵と白子もネタにしました。
イサキ卵白子が予想外に絶品。
焼きアナゴは出来合いものですが、オーブントースターで炙って包丁で切りました。
イサキの卵と白子は酒入れて鍋で煮込みました。

焼き物はマイワシの塩焼き。先週スーパーで買ったのを冷凍していました。

これもまた絶品。
珍しくヒットでした。

本物の昆布と塩を使ってご飯を炊き酢飯にしました。

味噌汁ものみました。

疲れが取れ癒される味わいでした。

酒に合いそうですが酒は止めたのでのんでいません。

刺身盛り合わせと焼きアナゴで2000円くらい。宅配頼むのと同じくらい。
添加物無しなので安心して食べました。この安心感が良いのです。

米二合分の酢飯ほぼ食べました。食いすぎです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。