朝)ハムと野菜炒め昼)トーストサンド 夕)自然派Style牛肉コロッケ

朝食

・ハムと野菜炒め(レタスだけのつもりがホウレンソウ
まで入れてしましました。

・ほうれん草味噌汁(出汁:煮干、鰹節)
・白米
・丹波納豆

卵切らしていました。食欲があるようで無かったです。

1日3食はやはり多いのか、コロナなのか?

天気晴れ

朝活

散歩、日光浴、ラジオ体操

公園から海岸へ。
今朝はよく晴れて暖かかったです。

地面は水たまりで濡れていました。
昨日の雨が酷かったのが分かります。
セロトニン生活続いています。
ウツっぽさが少なくなったように思います。
コーヒー飲んで英語音読

昼食

・トーストサンド(挟む前の写真ですがバターチーズトーストに
ボイルドウィンナー、ゆで卵、レタスをはさみました。
パン焦げました。朝ごはんみたいです)

・オニオンスープ(塩胡椒、胡麻油で)

コープ自然派からいろいろ届いたので
適当に作って食べました。
こんな感じが気楽で美味しいです。

夕食
・コロッケ(コープ自然派の
冷凍自然派Style牛肉コロッケ。
肉はほとんど入っていません
が北海道産ジャガイモがホクホク。
美味。1個追加して計3個食べました。
・レタス、ミニトマト
・白米
・味噌汁(残りにほうれん草追加)

おいしかったです。

余話)

中学英語の音読、今日もやりました。
累計160回くらい超えたところで本文
(200語程度)
を暗記してしまいました。
まだ初級レベルですが
やさしい初級英語でも暗唱するほど音読したことは無いのでこの勉強法に手ごたえを感じます。
薬でボケた頭を自覚しながらリハビリの一環で
やっています。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍と鍼灸治療(訪問)のお陰で 断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 人生や生活に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 掲載しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点