【断薬失敗】結局レキソタンを一時的に10mgに戻しています。

結局レキソタン増量です

あれだけ減断薬を頑張ったのにレキソタンの増量です。
結局元に戻りつつあります。

「レキソタン5mg又は時々断薬で頑張った期間は何だったんだろう?」

と今振り返っています。

レキソタンを再服用したからといって以前のような効き方はしません。
胃痛が少し緩和する程度です。

5月ごろの再服用の効き目はありません。このままレキソタンの効き目が少ないのなら
別の薬に変薬するしかないようです。

断薬しても苦しいだけで生活全般のことを考えると
全くの無駄だと気づきました。

大人しくクスリをのんでおけばよかったと今では後悔しています。
ただセルシンを断ったのは良かったと思います。

ネットをみるとベンゾ絶対悪の情報にあふれています。
確かにこのような薬物に頼るよりのまないほうがいいに決まっています。

しかし長期にのんっでしまった人はやめない方がいいです。
毒だのなんだの言われていますが、脳がその物質なしでは成り立たないようになっているのです。

周りによほど協力者と経済力がなければ断薬は無理です。

仮に成功してもあとでリバウンドします。私のように・・・」

それでもクスリをやめたい人は単剤にとどめるようにすべきです。

おそらく2~3種類のクスリをのまされている人がほとんどですので

これを一種類のクスリに慎重に漸減して整理していくことをおススメします。

副作用がよく分かりクスリの調整がしやすくなります。

耐性がついて効かなくなればまた考え直さなければなりませんが、クスリはなるべくシンプルにまとめた方がいいです。

完全断薬が理想ですが慢性的な痛みや違和感があると貴重な人生の時間を無駄にするだけですので
副作用や毒であることを気にしないことです。

ストレスという毒を毒で制す 以毒制毒(毒を持て毒を制す)くらいの考えでクスリと付き合ったほうが人生を有意義に
送れるような気がしてきました。

薬物依存はよく割りませんが、断薬に固執するのも病的です。

適度にクスリをのんで残りの人生を有意義に過ごすのが向精神薬の罠にハマってしまったものの

宿命だと思います。

「いずれ自然に断薬できればいい」それくらいののんびりした気持ちでベンゾジアゼピンと付き合っていく方が
賢明です。

私は無理な断薬に失敗してこれに気づきました。

今の私にとってレキソタンはすぐれた鎮静剤。

これでQOLが改善されれば儲けものと前向きに考えています。

レキソタン単剤なら1日15mgに戻すつもりです。

現に今1日3回分処方してもらっています。

実際にのんでいるのは一日5mgで最近10mgに増やしたところです。

増やし方も大雑把で急激なのはわかっています。

こういう性格なんです。主治医も同じような増減をやります。
辛い思いをするより薬はのんだほうがいい。
レキソタンは安全です。

レキソタンでQOLが改善できます。食事と睡眠が十分に取れ運動もできるようになります。

これを長期続ければ生活の質、ひいては人生の質が高まります。
多少依存してもいいと思います。

皆さんも参考になさり無理な減断薬をやらないよう注意してください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。