レキソタン10mgで様子見

レキソタン10mg

いきなり増量し過ぎだ!とお叱りを受けるかもしれませんが、
レキソタン朝夕5mg×2服用しています。

落ち込んだ気分が少し上向きになり、胃痛やノドの痛み、違和感をほとんど感じなくなりました。
食事のリズムもほぼ正常。

やはり再服用すると決めたら罪悪感無しに服用したほうがいいです。

それにたかが「レキソタン」それほど副作用のないクスリで鎮静作用が強くマイルドに作用します。

断薬する時も抜きやすい良薬だと思います。

今の自分の症状は「心身症」。慢性的なストレス疾患です。
筋肉減少は栄養失調と老化だと思います。

これらはあくまで希望的観測に過ぎませんがレキソタンの効能を信じ今度こそ生活を立て直したいです。

ベンゾジアゼピンで有害なのはセルシン(ジアゼパム)だと個人的体験から感じています。

抗てんかん作用がありますから脳波を狂わせると内海聡医師の指摘。
これは正しいです。また氏はセルシンを「日本版プロザック」と評していました。

おそらくそういう系統のきつい薬だと思います。

自分の人生の間違いはセルシンによるところが多いのです。レキソタンはそれほど有害作用がありません。

これもレキソタンをのむための正当化と思われるかもしれませんが、仮にそうだとしても
安全にベンゾを再服用し持ち直いたいならレキソタンの選択以外ありえません。

耐性がつきのが心配です。

孤立した今やレキソタンは強い味方。

過去の失敗はクスリのせいではなく自分の性格や思考法。

セルシンだけは脳波を狂わせるので有害作用があった。こうまとめています。

これまで何度もレキソタンを再服用しQOLが改善されたにも関わらず、すぐに断薬し

症状を悪化させました。

レキソタンが効くということはまだ助かっている証拠と心得て

1日5mg×2のペースを保ちたいです。

食事と睡眠が十分に取れるようになれば自然治癒力も増すでしょうし総合的に良い方向に進むと
信じています。

下手な断薬にこだわり措置入院やメジャーよりベンゾジゼピンで自宅静養できるほうがどれほどいいか。

ベンゾの有り無しかではなく安全なベンゾをいかに上手く飲んでいくかという考えにシフトしました。

レキソタンが効く限り私の守り神になるでしょう。

断薬にはこだわりません。

ベンゾジアゼピンとともに暮らす。

これもまた人生です。自然と抜ける時が来るまで飲み続けます。

副作用はあります。薄くなった筋肉も戻りません。

横隔膜の違和感痛み、ノドの痛み、違和感が緩和されれば一日が過ごしやすくなります。

痛み緩和だけでもレキソタンの薬効は絶大です。

依存、神経毒・・・いろいろネガティブな情報が入ってきますが、

ストレスという毒には精神薬の毒を以て制す 

この考えが矛盾しません。
トータルに生活の質=QOLを高めたい人はレキソタンをチョイスすることが
案外楽に生きることができる手段かもしれません。

但し、今クスリをのんでいない人はのまないようにしてください。
(脳に作用するので何が起こるかわからずのまないほうが人生幸福です)

向精神薬の断薬に失敗して別のストレス疾患になった人はレキソタンあたりが無難です。

無理をしないでください・・・
これは私の独断と偏見ですのでその点ご了承ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピン。 筋弛緩作用が裏目に出て筋硬直が悪化。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが断薬成功。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理をアップしています。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。