胃痛さえなければ断薬できる

胃痛さえなければ断薬できるのですが

いまだにレキソタンに依存しています。あまり効いていません。

しかし断薬すると体の違和感、不快感、特に胃の回りが苦しくなります。
このような時にレキソタン錠5mgをほうりこむと鎮まります。

完全には鎮静できませんが、楽になったような気がします。プラセボかもしれません。

もしくは脳のどこかに作用しているのでしょう。

ベンゾジゼピンが麻薬並みで農薬や神経毒と同じ毒物であるとわかっていても
抜くことはできません。

ただ胃の回り、横隔膜の違和感がなければレキソタンは簡単に抜けそうで、
この点希望があります。

胃の強いもっと早い段階でレキソタンを断薬しておけばよかったと悔やまれます。

福祉ヘルパーの調理支援、訪問看護の心理療法。かなりのサポートを受けているので
レキソタン単剤などたやすく抜けそうですが、
長年の服用と機能性ディスペプシア(FD)という後遺症があるとなかなか抜けきれません。

40代後半ということもあって開き直って「薬をのみ続けておけ!」と自らに命じることも多いです。

このような精神薬をのんでいることは本当に不健全でやめるべきですが、一方であまりにも神経質になって
断薬にこだわるのも心身に悪影響を与える事実も最近になりわかってきました。

向精神薬にいったん手を出すと「底なし沼」というのは本当ですね。

断薬のための自然療法、デトックス、食事療法、いろいろありますが、どれも長続きしません。

リバウンドで薬の量が増えるなど、人生を薬に支配されました。

「意地でも抜きたい」という気持ちがある一方、「楽になりたい」という弱音。

交錯する心理に揺れ動きます。

「マムシ成分で胃痛誤魔化す」

またマムシの話で恐縮ですが、マムシの粉末を水に溶いてのんでいます。
グルタミン酸らしく化学調味料と同じなのでそれほど臭さはありません。

むしろ「うま味成分」といった感じです。なんでも大正時代に「味の素」はマムシからできているという説が
飛び交った歴史があるそうです。

メーカーは否定していますが、今でもマムシ成分説を支持する学者もいるくらいですから、あながちウソでもないようです。

話がそれましたが、このマムシ粉末、滋養強壮にとて
もよく体力がつくので睡眠をとりやすくなります。

レキソタンという正反対の成分と同時にのんでいるので複雑な気分になりますが、

ベンゾジゼピンで消耗する酵素やビオチンをマムシ粉末で補うといった感じです。

思い切ってレキソタンを断薬しマムシ一本で絞ろうと考えたのですが、向精神薬は麻薬並みの依存性があるので
無理です。

もしマムシ粉末で体力がつけば、レキソタンを断薬しても十分に持ちこたえる持久力が身につくと
考えています。

向精神薬の現実と向き合って3年になります。
本当に有害なものを金まで払って飲んでいた愚かさを反省させられます。

体中の痛みは筋減少に伴うもの。民間療法ですが、漢方の主成分ともいえるマムシ粉末を
活用して断薬への道につながればレキソタンの最低限の服用にもそれほど罪悪感を感じずにすみます。

答えがすっきり出ないのが向精神薬からの離脱。

本当に悩ましい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。