お盆なので不殺生戒を守ることに 【ベンゾ断薬で霊性が磨かれた?】

4時起床。最近、左胸部の圧迫感が一段と減ってきたためか

睡眠の質が良くなってきました。

ベンゾ断薬の基礎に食事療法、早寝早起き、朝の散歩、筋トレ
などかなり生活を改善したのが良い作用をもたらしていると思います。

ベンゾが筋肉の硬直や骨格の歪みを悪化させるなど夢にも思わず

信じて飲んでいた自分の不甲斐なさを恥じる日々です。

薬物で筋肉のこりをとるとか、眠るようにするのはどう考えても
不自然。

なんらかの副作用、反作用があるのは当然です

薬を売りたい悪徳商売人どものペテンに騙されました。

かけがいのない健康と人生を奪われたわけですから本当はかなり憤りを持っています。

とはいえ今さら怒って反ベンゾキャンペーンなど自分には性が合わないので
なるべく考えないようにしています

ただ「諸悪の根源は薬物である」と認め必要以上に
自責の念にとらわれないようにしています。

さて今日からお盆。これまであまり意識したことがないのですが
お盆の戒律を調べました。なぜか今の自分にプラスになりそうだと
直感的に思えたので今日から不殺生を4日ほど行います。

コバエがいるのでAmazonで殺虫剤を注文しさっき届いたところですが

16日の送り火までハエも蚊も殺さないようにします。

食事は肉卵魚など動物性たんぱく質を控えます。

午前中はお盆を意識していなくて煮干しを使いましたが夕食は野菜料理にしました。

食べ物以外の植物も不殺生の対象になるので
庭の草取りも4日ほど自粛します。

不殺生戒には魂が清められそうな新鮮さがあります。

ベンゾ断薬で霊性が磨かれたのかも・・?

ご先祖様の霊を慰めるため、過剰な欲望を抑え、自らを制して心身を浄化する。

お盆はベンゾ断薬の理念ともどこか共通しているものがあります。

昼食のメニューは

・梅干と紅生姜のお粥(冷蔵庫の古米一合分を生米から
炊きました。塩と酒のみ

・モヤシとネギの味噌汁(煮干出汁

・出し殻煮干と昆布の佃煮

心窩部と喉に少し違和感があるのでかなり節制

一般的に物足りないメニューですが
食後苦しくならず自分的に丁度良かったです

夕食は
・ナスの生姜焼き
・ズッキーニ、ミニトマト
・納豆
・炊きたて白米(古米ですが美味
・モヤシ味噌汁(残り


今日からお盆なので不殺生戒の実践を夕食から始めました。

肉卵魚など動物性たんぱく質は
送り盆の16日まで4日くらい控えます。
今日の煮干出汁は例外。

16日まで4日間、ヴィーガンの生活をすることになりましたが
少し不安です

大豆たんぱくは味噌と豆腐のみ

肉魚卵はあるのに使えない

まあほんの数日、栄養不良になってもたいして影響はないと信じたいです

思い付きでお盆の戒律を守ることになりました。

今年も墓参りに帰省せず自宅にいるのに変な感じです

ベンゾ断薬4年で目に見えないものへの感受性が高まってきたのでしょうか

あまり神経質に考えず少しずつ伝統文化を取り戻したいです

お盆は海に近づいてはいけないらしいので
早朝散歩も数日間はお盆休みかもしれません

台風も来ているので家に居たほうが得策かもしれません

付録)

海辺の散歩と自然観察

・有明の月(東南の空am4:53


・アオサギ(am 5:34


・黒猫(am5:40


・ウミネコ(am5:44

秋のような涼しさで爽やかな朝
動物たちもどこか穏やか

今朝はだるいので少し息切れしながらも
40分くらい歩きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。50代男性。 ベンゾゾジアゼピン系薬剤で薬害を被りました。 2019年7月3から断薬開始 断薬に関する書籍、ネット上の知識、激励そして鍼灸治療(訪問)のお陰で断薬に成功。 現在薬はまったくのんでいません。 断薬生活を機に食生活を見直しました。 日々の料理記録から断薬成功に必要な「思想」を読み取って ください 断薬に必要なのは小手先のテクニックではなく 生命や社会に対する思想が重要になるからです。 思想は料理に反映されます 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に しています。 お米はたくさん食べています。 世間で喧伝されているような糖質など一切問題ありません。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せ(衰弱)に襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 現在断薬4年を経過 2023年8月3日時点