豆板醤と胡麻油スープ、野菜カレー、グレのバター炒め

朝食兼昼食

・白米
・溶き卵焼き(酒ミリン酢とおろしニンニク&生姜入れました。よくわからない味になりました。)

・セイゴのアラと壬生菜の和え物と玉ねぎ、そら豆、甘えび炒め
・ホウボウの卵と肝唐揚げ
・豆板醤と胡麻油スープ

すみません、調理迷走しました。
最初は天津飯みたいなのをつくるつもりが
だんだんコンセプトを失いました。

味は可もなく不可もない味。
やはりスタンダードな和食が美味しくて合理的な味だと
わかりました。

天気小雨曇り

夕食

・野菜カレー(。
野菜は玉ねぎ、ニンジン、芽キャベツです。
丸いのが芽キャベツでほぼ丸のまま煮込みました。
アナン社のカレー粉を使用。美味)

・グレのバター炒め(かなり前の冷凍庫のグレ切り身。
色がきれいで鮮度も良かったので
調理しました。絶品)

・セイゴのアラと壬生菜の胡麻油和え(絶品)

・豆板醤と崩し豆腐のスープ(化学調味料不使用のポールスター製。味噌を足したら美味しかったです。でも豆板醤の量が多くて辛かったです)

全体的に原色が目立ってケバくなりましたが
予想以上に美味しかったです。食欲出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

近畿在住。男性。 向精神の薬害で闘病中。 原因薬剤は、精神安定剤のベンゾゾジアゼピンです。 ベンゾ離脱後にさらに悪化しましたが2019年7月3から断薬。 鍼灸治療が奏功し改善しています。 薬はのんでいません。 当ブログは療養記録です。 2020年2月料理日記はじめました。 ベンゾとあまり関係ないようですが、 「医食同源」の立場から砂糖や添加物を除いた料理記事を中心に 記載します。 (ベンゾ服薬歴) 2000年 レキソタンからベンゾ開始。 以降ベンゾ系の睡眠薬を服用。 2007年レキソタン(ブロマゼパム)、セルシン(ジアゼパム)の2種類を カクテル処方され、2015年まで8年長期服用。 2015年から大幅な減断薬開始。 猛烈な胃痛と痩せに襲われ 筋萎縮の後遺症に陥り現在も療養中です。 長期療養生活による失業状態で障害基礎年金が主な収入源です。 経済的に窮しています。 2017年から「障がい福祉サービス」の訪問介護を受けています。 2019年から訪問の鍼灸施術マッサージを受けています。 診断は「抑うつ」。 現在ベンゾ薬害に関する記事はたまにしか書いていません。